チョコレートそれは禁断の果実の名前

チョコレートやスイーツのレビューブログです。

スポンサーリンク


グリコ「アーモンドピーク」で日本の伝統の味を食らう!

いよいよ来ました日本の伝統の味。

伝統といってもグリコのチョコ菓子的な「伝統」という意味です。

  

というのも

 

今まで海外のチョコを中心に実食してきたので、味覚があちら風になっていたのですね。

それゆえに今回久々に母国ジャパンの懐かしい子供のころの味を口にして「あ~しあわせ♡」と思った次第で。(キモイ!と言ったそこの貴方!そのとおりです。すいませんす)

 

 

f:id:chocomale:20160125031935j:plain

 

特にグリコのアーモンドチョコは本当に日本の庶民的チョコ菓子界の看板のようなもので、その伝統と格式の下町的味わいはまさに森永の板チョコと双璧をなすべきものと個人的に認識しておるわけでございますですね、はい。 

www.glico.co.jp 

そんなわけですから、今回食べたアーモンドピークのさっぱり感というか、アーモンドの香り感はなかなかハンパなくて、口に含んで噛み砕いた瞬間に訪れるあの幸福感といったらそれはもう、子供のころのおやつの時間に食べた、お母さんの手作りホットケーキに匹敵するくらいの味わいがあるわけです。 

 

グリコ独自のアメ焼き製法で仕上げたアーモンドをシュガークランチを含んだチョコレートで固めた食べやすいチョコスイーツです。

 

 

f:id:chocomale:20160125032044j:plain

 

 

引用記事で囲んだはいいですが、実際にこの通りのキャッチコピーだったかは恥ずかしながら失念してしまいました(涙)

でもクランチのザックリ感はかなり良かったです。 

シュガークランチなので、カロリー的にはちょっとキツめですが、それでも海外チョコののミルクやバターの濃厚なものに比べたらずいぶん淡白なものです

 

 

f:id:chocomale:20160125032106j:plain

 

 

アーモンドの飴焼きというのが、いったいどんなものなのか、アーモンド業界にまったく疎い素人の私などが知るべき由もないわけですが、それでも口の中で広がるアーモンドの程よい固さと香り、そしてチョココーティングとの絶妙なブレンドといったら、まさに言葉を失うくらいに恍惚の瞬間を迎えるわけでして、おそらくこの時の私を見たものはみな一様に「あのひと、白目剥いてたで」と背筋を寒くすることでしょう。

 

 

f:id:chocomale:20160125032126j:plain

 

 

ちなみにアーモンドには以下のような豊富な栄養分が含まれています。 
 
・ビタミンE
・オレイン酸
・カルシウムや鉄分、リン、カリウム、マグネシウム、亜鉛など、豊富なミネラル
 
ビタミンEは、活性酸素による抗酸化作用があり、アンチエイジング効果生活習慣病の予防にも役立ちます。

アンチエイジング

オレイン酸は体内で酸化しにくい不飽和脂肪酸で、善玉コレステロールを増やして血液を浄化する働きがあります。
各種ミネラルには、それぞれ「貧血の予防」や「代謝の促進」の効果が期待されて、食物繊維も豊富なので、便秘の解消にも役立つようですね。 

そんなこんなで「健康にも美容にもよく、食べやすい、癖がない、安心して口の中を預けられる」筆頭のジャパニーズチョコ菓子第一期生のグリコならではの抜群の安定感。

もはや言葉はいりません。

たんと召し上がれ。    

 

おススメ記事

控えめな甘さが大人の味を感じさせる「明治アーモンドブラック」チョコレート

ハワイアンホーストのアーモンドロカは親指サイズのパワースイーツ!

Letao(ルタオ)のプチショコラ「マカデミアナッツ」の口どけに狂喜する!