チョコレートそれは禁断の果実の名前

チョコレートやスイーツのレビューブログです。

スポンサーリンク


リンツのリンドールは意外な大物チョコレートだった!

スイスの世界的チョコレートブランド、リンツのリンドールです。

 

 20160129160944

 

海外の有名チョコにも関わらず、値段も手ごろで買い求めやすいリンドール。

今回買い求めたのは、市場でもよく出回っている袋詰めのタイプではなく、3つ入りのミニサイズです。値段もたしか300~400円くらいだったでしょうか?

ちょっと忘れてしまいましたが、正直、料金表示を見た最初の印象は、 

 

「3つしか入ってなくて、この値段か!」 

 

という感じでした。  

名門ブランドの箔を足蹴にするような無礼な発言で、まことに申し訳ないとないと思うのですが、実際に値段とサイズが釣り合わんなと感じたのだから仕方ありません。

まあ普通の日本のメーカーのものでも、これくらいの大きさだったら、中身もスカスカで小豆くらいのちっちゃなチョコが入ってるということもありますので、「どうせこれもその類だろう」と、食べる前から完全に「へんっ」と見切った気でおりました。

 

しかし

 

勝負は始まってみないとわかりません。

天候、タイミング、体調コンディション、甘さへの耐性・・・

ありとあらゆる条件が重なって、戦いを常に流動的なものへと誘っていくのです。

いざ、カカオの荒野へ!

 

 20160129160946

 

おお!

 

金色にきらめく上品な袋ではないですか!

しかも結構な大きさで^^ 

写真ではわかりにくいかもしれませんが、キャンディー型の袋に入ったチョコの膨らみが大物感たっぷりの雰囲気を醸し出しておりまして、触ってみても非常に頼りがいのあるハードタッチな触感が気分をホクホクにさせてくれます。

これは期待できそうだ!

予想外の実装にワクワクしながら、さらに中身を開封です。

 

 20160129160947

 

 WOW!

 

きっかりくっきりまんまるいホワイトチョコのお出ましかと!!

ちょうど子供のころによく食べたガチャガチャのミニボール型ガムのような触感をもったチョコシェルで、これを噛むとさぞかし美味しくてずーしーな(ジューシーの意味です)スイーツソースが口の中で炸裂してキャーーッ!となるような予感が120%全開ですと!

 

 ではでは

 

 ご期待通りに中身の実装写真を並べさせていただきますわい。

 

 

 20160129160949

 

 

むっ! 

 

 

 20160129160948

 

 

おおっ! 

 

なんというのでしょうか、いうなればキャラものプロレス漫画の大作「筋肉マン」に登場した悪魔超人ウォーズマンにそっくりだというのが、このチョコを割ってカメラの前に映し出した時に感じた第一印象というべきでしょうか。

リンツが誇るチョコレートシェルの部分がいわばヘルメットで、中のチョコフィリング部分がマスク(顔)にあたるというわけです。

リンツさん、ゆでたまごさんとコラボされたのですか? 

 

そんなわけあらへんやろシルブプレ!

 

とフランス語のツッコミを裏書きするかのように、実際にホームページ上では以下のような説明が書かれております。

 

1949年、リンツのメートル・ショコラティエたちは、未だかつてない、まったく新しいチョコレート体験ができる製品を開発しました。それは、チョコレートの中になめらかにとろけるフィリングをつめた「リンドール」です。

 リンツ秘伝のフィリングを包み込む上質なチョコレートを使った丸いシェル、ひとたびそのユニークな形のシェルを破ると、なめらかなフィリングが口の中で甘美にとけ始めます。

リンドール(LINDOR)は、リンツ(Lindt)とフランス語で金(ゴールド)を表すオール(Or)を組み合わせてつけられた名前です。

リンツ・チョコレート オンラインショップ

 

伝統と格式の重みが伝わってきて読んでるだけでよだれが出てきそうな説明文にまったくメルシーボクーなのですが、たしかにリンドールの外見とプロフィールはこれで分かったとはいえ、肝心のお味のほうはいかがなものなのか?!

まず最初に感じたのは、

甘い!

ということ。

少し大きめのホワイトチョコのシェルを噛むと、次に中から出現するフィリングのチョコの塊がこれまた濃厚なんですね。

なんというのか、ミルクとシュガーが満載という感じといえばよいのか、この手の甘さは海外のチョコに特徴的で、あっさり淡白な日本のチョコではありえないカロリー感がたっぷりという感じです。

これは食べすぎるとヤバいかもしれん^^; 

 

 f:id:chocomale:20160129160945j:plain

 

 一方でミルクの風味が独特で、噛んだときに口の中に広がる香りが心地よいのも確か。

外側のチョコシェルはあっさりした普通の板チョコ系の味でしたが、中身のフィリングチョコはソフティで濃厚ながらも、上品な風味と香りが独特で美味しいっす。 

全体的には「濃厚」というのが一番のレビューですね。

一つでも十分満足できますが、3個セットだと全然おなか一杯になります。

少し時間を置くと、また欲しくなる感覚もありますので、まとめて買うのもよろしかですね。 

今回のはホワイトチョコバージョンだったので、甘いながらも、まろやかでソフトな味わいがあり、どちらかというと女性向けのチョコレートという感じがします。

またミルクには「骨や歯を丈夫にする」「美肌効果」「安眠効果」があって、味付けだけでなく、美容や健康にも”美味しい”食品。

そんなミルクがたっぷり入ったリンドール・ホワイトは、まさに女性のためのチョコレートという気もしますね。

男性の場合は、もっとビターなタイプのリンドールのほうが口に合うのかもしれないので、ぜひとも次回はビター(ダーク)バージョンにトライ!ということで! 

 

ダーク味を実食しました

chocoreview.hatenablog.com

 
おススメ記事

リンツ「エクセレンス・85%カカオ」を食べて官能的な美味しさの虜になる!

「明治チョコレート効果」おいしさBESTランキング!今まで食べたチョコ効果を紹介します!

コートドール「バー・トリュフ」で王室の味に涙する!!

森永カレ・ド・ショコラ「マダガスカル・ホワイト」を実食!