美味しいチョコレートとお茶を楽しむブログ

チョコレートとかスイーツとかお茶をじっくりとまったりと味わうブログです

スポンサーリンク


【ファミリーマート】アイス・チョコクッキーサンドを実食!

スポンサーリンク



ファミマ印のチョコパイです。

コンビニブランドということで、普段の菓子メーカーシリーズからすれば番外編みたいな感じになるのですが、美味しかったのは確かなので、レビューをさせてもらおうかと思います。 

今回のチョコパイは乾き物のチョコパイではなくて、いわゆるアイス系バージョンのチョコパイ。

 


チョコパイに限らず、パイの美味しさはひとえにスポンジ生地の強度にかかっているというのが、昔からの私の自論なのですが、このチョコパイはソフトクッキー生地を使用してるので、その心配はまるでナッシングです。

アイスとはいっても、完全にアイスクリームの棚に入っているようなジャンルではなく、ヨーグルトとかのデザートコーナーに置いてあるようなレベルのパイなので、中のスポンジが完全にカチカチということではありません。

ほんの少ししっとりしてて、それでいてサクッと噛みごたえのある、キレとパンチのある生地でできています。

 

 

表面のチョコもしっかり厚めにコーティングされていて、一口噛んだくらいでは微動だにしない飛騨山脈のようなチョコ密度の濃さを誇っており、最初に差し込んだ前歯を一気に内部のスポンジに突き立てるや否や、


さくり


と音をたてて深部に沈んでいく本能的な心地よさ。

これが安物のチョコパイだったら、噛んだ瞬間に中のチープなスポンジが「ふにゃあっ」と力なくしおれて、周りのチョココーティングごとを山崩れならぬ「パイ崩れ」させて、イントゥザマウスでパイ全体の成型を大いに狂わせてしまうところですが、今日のチョコパイにはそういう耐震偽装的な心もとなさはミジンコも感じられないので安心して「グワシ!」力強く中に歯入れすることができます。 

 噛み切ったあともあまり形が変わることないままに、惜しげもなくその断面図を見せてくれるあたりは、さすがソフトクッキー生地野郎の心意気。 

噛んだ後に口の中にやってくる淡白な味わいも爽やかで、通常のチョコパイのチョコのくどさやしつこさ、ベタつき加減が感じられないあたりは、アイス系パイの本領発揮というところでしょうか。

 

 

表面のチョココーティングや生地にばかり味覚がいってしまいましたが、もちろんパイのコア部分であるミルククリームの陰の働きも見過ごすことはできません。

特筆すべき美味しさがあるわけではないだけに、他のパーツの良さを引き立てる脇役の渋さというか、実食の最後の締め部分としてのなめらかな歯触り、柔らかな味わいなのだけど、少し固さのあるクリームで、それまでのハード感をソフトランディングさせるリラックス感、食べ始めからあったサクサク感を良い意味でヒートダウンさせていく総務部長的な役割・・・・・ 

キャッチコピーの「昔懐かしい味」というのは、こういったあっさりしたサクサク感のある食感を指したものではないでしょうか?

野球で言えば、最初のチョココーティングが先発直球勝負のエースで、ソフトクッキー生地が硬軟自在の中継ぎ投手、変化球主体のクローザーとしてのミルククリームで一気に試合を決めるといったところ。 

コンビニのチョコパイと思ってなめてかかると案外痛い目に合うかもしれないぜ!的な伏兵感を醸し出すデザートチョコ菓子。

お値段も非常に手ごろなので(税込み160円です)、ファミリーマートに行った際には、ぜひ一度実食をお勧めします。 

 

おススメ記事

和歌山県知事が推奨!ヤマザキ菓子パンシリーズ「旬のあじ和い収穫祭ケーキサンド」実食レビュー!

官能的な噛みごたえのブルボン「ラシュクーレショコラ」

ロイズと赤城乳業がコラボ!「ロイズアイスデザート」チョコレートバー!