美味しいチョコレートとお茶を楽しむブログ

チョコレートとかスイーツとかお茶をじっくりとまったりと味わうブログです

スポンサーリンク


【明治】「大人のたけのこの里」で大人の午後を感じる!

スポンサーリンク



前回の「大人のきのこの山」に続いての明治「大人」シリーズです。 

chocoreview.hatenablog.com 

きのこの山とたけのこの里は「郷愁感」と「優しさ」をテーマにした日本の和的な菓子として兄弟関係にある商品ですが、同時に長らくどちらも競合関係にあって、現在では「たけのこの里」が売り上げ的にわずかに軍配を上げているようです。

ネットでも両商品のタイトルを検索すると、「きのこvsたけのこ戦争」というサイト名が少なくない頻度で上がってきます。もちろん本当に同じメーカー内で戦わせているわけではないでしょうが、どちらも明治のベストセラー商品としてその屋台骨を支えているだろうことは確か。 

でもひょっとしたら、グループ内では営業とか企画でチームが分かれていて、「きのこの野郎さぁ」とか「たけのこチームのあの子、最低よね」など、会社帰りの居酒屋とかランチタイムでひそかに火花を散らせているのかもしれませんね。  

たけのこの里はきのこよりチョコの量が少なく、その分、生地のクッキー部分に力を入れてると想像します。なので、たけのこの里を好む人はチョコよりも、サクサク感を楽しみたい人が買うという傾向があるのではないでしょうか。 

逆にチョコが好きな人はきのこの山派ということで。

たけのこの里がわずかに売り上げが上なのは、クッキー好きな人が日本には多いと考えるのは、ちょっと早計でしょうかね?^^ 

ではそろそろ実食にいきましょう。

  

実食タイム

 

 

きのこの山と同様に、ダークブラウンの背景写真で大人な雰囲気を醸し出します。

 

 

内袋もブラウンで統一。

ココアクッキーの色をイメージしたのでしょうか。

 

 

原材料は「きのこの山」とほとんど同じですが、「アーモンドペースト」が別参加してます。ココアバター、ココアパウダーと、ココア一族の総参加も目を引きますね。

 

 

たけのこの本体登場。

チョコ部分が塩吹いてます。

戦いの前の武者震いが汗をかかせたのでしょう。

 

 

割って中を見てみると、骨密度の濃さが分かります。いや、クッキー密度か。 

実食しての味わいですが、きのこの山よりビターさは目立ちません。

チョコよりも中身のココアクッキーの味のほうが勝っている感じです。 

チョコの個性は控えめで抑えめ。濃くもなく、薄くもなく、あくまでも主役はココアクッキーさんという感じで、渋い脇役として静かに舞台の端でたたずんでいるという印象です。 

ココアもカカオも母音が同じということで、相性はとても良いと実感しました。全体的に落ち着いた食感と味わいで、噛んだ時もサクッ、とか、カリッという小気味良さはありませんが、そのぶん、しっとりと歯を包み込んでくれるような大人の優しさをそこらかしらに感じます。 

それが「大人のたけのこの里」という名前の所以だとしたら、明治たけのこチームはなかなかの深謀遠慮の人たちで構成されているのでしょう。 

ちなみに合うドリンクはコーヒーよりも断然、紅茶

できれば、アールグレイなどストレートで飲むタイプが良いでしょう。

熱い紅茶と大人のたけのこの里で、しっとりと落ち着きのある大人のティータイムを過ごされてはいかがでしょうか^^ 

 

おススメ記事

明治『たけのこの里 レモンタルト味』を実食!

明治チョコレート効果の「オレンジ&大豆パフ」でカカオポリフェノールの海に溺れる!

人気チョコレート対決!きのこ・たけのこ戦争に終止符を打つか?!