美味しいチョコレートとお茶を楽しむブログ

チョコレートとかスイーツとかお茶をじっくりとまったりと味わうブログです


スポンサーリンク

【エスコヤマ】モンスターカカオシリーズ「プラリネ日向夏」


スポンサーリンク

頂き物の大切なショコラでございます。 

それもあの世界的なパティシエである小山進氏のプロデュースするチョコレートが頂けるなんて、ああなんて私はしあわせなおとこなの!!と、思わずひらがな声で叫んでしまったくらい魅惑的で味わい深いショコラの方たち。小山氏のことをご存じない方は、詳しくはこちらのホームページでご覧いただければ、その凄腕のすべてが網羅されておりますので、どうぞご閲覧をよろしく候。 

PATISSIER eS KOYAMA パティシエエスコヤマ 

京都で生まれ、大阪と神戸で修業を重ねた生粋の関西っ子の小山氏は、まさに関西が誇る3都物語な男前シェフというべき存在。その威名はミラノ、ロンドン、ニューヨーク、パリと世界の有名ショコラ界でも十分すぎるほど鳴り響ていて、日本でもフランス大統領を招いて総理官邸で行われた「午餐会」で、大統領閣下直々のご指名により、締めのボンボンショコラを作られたというほどのプロフェッショナルなのですね。 

(語感は同じでも、おれが食べるボノボンとはレベルが違うんだろうな・・)

 

chocoreview.hatenablog.com

 

多少のジェラシーを覚えながら、手元のアルゼンチン製ボノボンbyコンビニをギュっと握りつぶすと、

 

「ではいこう!新しい夜明けの旅に!!」

 

と大きく宣言して(一人で)、頂き物のモンスターカカオのボックスを開封したという始まりにございます。

  

開封から始まる未知の世界

 

 

上にあげたボックスが、今回頂いたモンスターカカオシリーズの中の一つということで。ボックスには解説書が同封されていて、そこにはこのシリーズの由来や説明、そして各チョコレートの説明が書かれていて、今回はその説明書きに沿って、レビューを進めていこうと思っています。 

なお、このボックスには8種類のチョコが収納されており、そのすべてを今日のレビューで紹介するのはちょっとキツイかなと思うので、毎回一つ一つを取り上げていこうかなと思います。ということは全部で8回になるわけですね。少々長いけど、よければお付き合いください。 

ではまずは今日の第一弾!

 

の前に

 

チョコが入ったボックスを紹介させてください。 

実はこのボックスは中身のチョコレート以上に感動した優れもので、一見ハードカバーのケースに見えるくらいに頑丈でしっかり作られていて、さらには蓋の部分が磁石で開け閉めできるようになっているのです。

 

 

ボックスの裏側はおしゃれな本の裏表紙という感じで「むむむ!」と唸らされました。

 

 

ケースから出した外観はまーさーにブック!

 



 

見た目以上に作りもなかなか頑丈で、チョコレートを平らげた後は何か小物入れにでもしようかしらうふふと微笑んでしまったくらい(はあと) 

そして中身も壮観でございます。

 

 

じゃん!

 

 

いやー、よろしいですね。本当に高級ショコラという感じで。いつも常食しているコンビニチョコやスーパーのエコノミーなショコラたちとは風格も香りも違います。(それでも安いものは安いもので美味しいですが) 

このケースのデザインになっているモンスターは「ディテ」と呼ばれる探索型モンスターのようで、説明書きによれば、

 

世界中のカカオが眠る山々を駆け巡り、その鋭い直観力とセンサーを駆使して、個性が光るカカオをキャッチする能力に優れたモンスター

 

ということのよう。 

(さしずめ俺はそのカカオ探偵の依頼主といったところだな・・) 

探偵物語の松田優作のような渋い表情を作りながら、手元のコーヒーをオープニングの静止ショットのように『ブハーッ!』と吐き出そうかと思いましたが、そんなことをしたら大切なパソコンがいかれてしまうので、普通に「ゴキュリ」と飲み干しました。

カカオ探偵のディテの力を得て、街のチョコ愛好家は中身のショコラを「グワシッ!」と頂くことにいたします。

 

実食タイム

 

 

「プラリネ日向夏」 

と呼ばれるオサレなショコラは、てっぺんに黄色い日向の実を「ちょこん」と可愛く載せて箱の中に鎮座しておわしました。 

(日向夏とはいったい・・・) 

日向の小次郎くらいしか思い浮かばないジャンプ世代の悲しさというべきか、果物にはまったくうとい(果物だけではない!)なんちゃって愛好家は、さっそくウィキペディアでその謎を解明することになったわけです。

 

原産地は宮崎県で、1820年に宮崎市の真方安太郎の邸内で偶発実生として自生しているのが発見された。発見時には酸味が強く、食べられることはなかったが、その後に広く栽培され始めた。

 

 

 

ヒュウガナツはユズが突然変異したものと考えられており、 6月頃に成熟する果実は温州みかんよりやや大きく、 表皮は黄色で厚さがあり、果肉は酸味があり甘さが控えめで独特の風味が強い。 どちらかというと、グレープフルーツやレモンの味に近い。 表皮は温州みかんと比べるとでこぼこが少なく、のっぺりとしている。

ヒュウガナツ - Wikipedia

 

なるほど、と。 

宮崎版ゆずということか、と。 

(宮崎と言えば、「どげんとせんといかん」の東国原元知事の治めた場所ではないか・・) 

それらしくつぶやいてみたものの、別にそれ以上の感慨がわくわけでもなく、愛好家はオホンと咳をした後におもむろに箱の中のチョコをつまんで「ぽきり」と二つに折ったのだった。

 

 

(中身にざらつきがある。さてはが入っているのか!?) 

食べる砂があると聞いたことはあるけれど、まさかここでそのものに出会うことになろうとは・・・ 

「じゃりじゃり感が結構いけるかもっ、うふっ(はあと)」 

だんだんと気持ちの悪いキャラ設定になってきたところで、説明書の解説を紹介したいと思います。 

 

ピエモンテ産のヘーゼルナッツに繊細なキャラメリゼを施した自家製のプラリネノワゼットに、日向夏の果肉と、白皮、種までも丸ごと高温高圧でプレスしたフレークとエッセンシャルオイルをプラス。シャリシャリとした食感、濃厚でナッティな風味の後に、日向夏の香りと苦みが弾けて炸裂して元気玉のように口の中で爆発します。

 

すいません。最後の「炸裂から爆発」のラインは私が創作しました。(広がっていきます、が本当) 

(キャラメリゼとナッティという時点で、すでに俺は勝負に負けているような気がする・・・) 

語感の響きは本能の響き。 

ここで圧倒された愛好家はすでに小山シェフのショコラマジックにしてやらていたのかもしれません。 

(しかし!) 

愛好家は再び気を取り直してチョコを手に取った! 

(俺は負けん!ただの一度も実食せんうち”負け犬ショコラ野郎”の称号を得てたまるか!) 

グワッと目を見開き、愛好家は気合一閃の勢いで指につまんだショコラを口の中に放り投げた! 

(父さん母さん!見ていてくれよ!) 

田舎の実家に住む年老いた老夫婦の丸くなった背中を思い浮かべながら、愛好家は故郷の皆の元気を分けてもらうよう心の声を贈った!! 

(みんな元気をオㇻに!) 

だんだんと話の趣旨が外れてきつつある午後6時の夕暮れ時を体中にびんびん感じながら、ついに愛好家は舌先でピエモンテの日向夏を砕いた!(歯でないところがポイント)

 

しょこらっ

 

と音を立てて、口の中で柔らかくショコラは弾けた。するとその途端に想像をはるかに越えた未知の味覚が愛好家の舌細胞を襲いに襲ったのである。

 

「めっちゃスパイシー」

 

愛好家は予想を覆す不思議な味わいに思わず口を手で押えていた。まるで女子アナがグルメ番組で美味しすぎる料理を口にしてその感動を視聴者に伝えるリアクションをとるように、愛好家はフェミニンな動きを無意識のうちに放っていたのである。

 

(これって・・・香辛料がけっこう効いてるんじゃない?)

 

ここで小首をかしげてしまったら完全にキャラ設定が崩壊してしまうような気がしたので、すぐに男前の愛好家に戻すことにする。

 

「しかしこの味は不思議だ」

 

噛めば噛むほど出てくるスパイシーな味わい。チョコクリームの甘さは当然あるものの、それ以上に香辛料的というか、なにかこう、通常のチョコでは味わえない得も知れぬ香りが漂う奥深い甘みというか・・・ 

「たとえていうなら、インスタントの焼きそばの塩と粉末ソースをからめた味といいましょうか」 

完全に小山シェフを愚弄するかのような発言に愛好家は即座に自らを責めた。 

「い、いや、そんなんじゃないんだ!というか、それしか思い浮かばない・・・でも焼きそばの調味料よりは美味しいよ」 

まったくフォローになってないダメダメな感想がさらに哀愁を誘う。これでは読者が離れてしまう!そう危機感を覚えた愛好家は、いそいで手元の説明書を見返した。 

「これや!!」 

愛好家は味の秘密を発見した!

 

日向夏のフレークエッセンシャルオイルがポイントやで!」

 

げへへ!と会心の笑みを見せながら、愛好家はレビューを締めにかかった。 

「つまりはそういうことや。日向夏の酸っぱさとエッセンシャルオイルの少し辛みのある風味が甘さを抑えたカカオチョコと合わさると、こういうマジックも可能やっちゅうことなんや」 

美味しんぼにでてくる京極さんのような後出しじゃんけん的セリフとふくよかなドヤ顔を見せつけながら、愛好家は強引にレビューの締めを飾ることに成功した。これでなんとか記事を終えることができる、義務感と完遂感が入り混じった不思議な感覚に酔いしれながら、愛好家は一息ついて手元のコーヒーを口にした。 

「冷めとるけど、うまいな。やっぱりコーシーはネスカフェゴールドブレンドに限るで」

生来の品の無さが徐々に露出し始めた愛好家だったが、その表情は意外に明るかった。チョコの清々しさなのか、それともレビューの下手さ加減の照れ隠しなのか・・・

いずれにしても、これから7回も続くモンスターカカオレビューはまだ始まったばかりだ。

どれもが個性が強くて手がかけられている逸品ばかりなのだから、生半可なレビューは許されない。

それは想像以上の重圧と責任が課せられた過酷なカカオとの旅路の始まりだった・・・(続く)

 

まとめ

 

「その結果が”インスタント焼きそばの調味料みたいな”レビューかい!」という鋭い突っ込みは軽く聞き流しつつ(ちょっと本当にそう感じてしまいました)、今日はそろそろこのへんで第一回目のモンスターカカオレビューを締めくくらせてもらいます。ではまた次回お会いしましょう^^ 

*チョコは普通に美味しかったですよ。

軽い食感だけど、ピリリとスパイシーかつフルーティーな柔らかめのチョコクリームが全体を引き締めて、ただの甘ったるいチョコとは違う別次元の味わいを感じさせてくれました。  

 

「エスコヤマ」カテゴリ

chocoreview.hatenablog.com