チョコレートそれは禁断の果実の名前

チョコレートの実食レビューです。ときどきほかの食材をつまみ食いしたりしてます。

スポンサーリンク


アサイーとブルーベリーのチョコレートで体内にポリフェノールを充填する!

スポンサーリンク


アサイーといえば、健康果実としてすっかり日本でもおなじみですね。 

見た目はブルーベリーそっくりですが、中身も実力も非常に似通っている両者。

 

 

ただ原産地はそれぞれ違ってて、アサイーがブラジルのアマゾン、ブルーベリーは北アメリカとなっています。 

どちらも高濃度のポリフェノールを有することで、そのヘルシーパワーの高さを競うい合う良きライバルですが、その実態は、 

ブルーベリーの18倍 

という、恐るべき実力差が明らかになっているのです。 

ではそのポリフェノールとは何なのでしょうか? 

 

あらゆる植物に含まれる天然成分。

4000種類あるといわれる中で、共通しているのは抗酸化作用である。抗酸化作用の血中の過酸化脂質を抑制する働きがあるとされている。(つまりコレステロールの抑制というやつである)

ブルーベリーとアサイーが持つポリフェノールの種類は「アントシアニン」「シアニジン」に代表されるもので、前者は肝機能の向上を助け、疲れ目の解消などに効能があり、後者は酸化防止や悪性腫瘍、肥満の抑制に効果があるとされている。

 

かなり体に良い成分であるようですね。

アサイーのすごいところは、ブルーベリーよりも、さらに多くの優れた資質を有しているところにあり、具体的に言うと、

鉄分はレバーの3倍で、食物繊維、カルシウムなども豊富

ということなので、やはりすごい!

 

 実食タイム

 

ではそのすごさを実感すべく、実食といきたいと思います。

まずは開封後の写真をば。

 

  

次に一粒をぽちっと。

 

 

開封した時からそうでしたが、香りはかなりビターです。

袋にも「カカオ80%」と書かれているから、かなりの手練れなのでしょう。 

(油断できんわ) 

眉間に皺を寄せつつ、実食家はさらなる実食に移った。

 

 

おお!と。 

パンナイフで割ってみたが、これがなんときれいに割れたことよ! 

さらにその美しい断面から現れた果実のグミらしき物体は、そこはかとなくフルーティーな匂いをあたりにまきちらしておいでではないか! 

(齧ってみるか・・) 

一口、歯で軽くカリッといってみた。

 

 

ビターでありました。 

それもかなり濃厚な。 

アサイ―とブルーベリーそのほか果汁グミの甘酸っぱさでバランスがとれている感。

全体的に濃いので、紅茶よりもコーヒーが合います。

ぜひぜひイパネマ農園産のキューバコーヒーを味わいながら、アサイ―ブルーベリーダークチョコをたんまりとご賞味くださいませ。

そして私にアサイ―の味を教えてくださいませ。

 

ポリフェノール系チョコ記事

The tea room「有機チョコレート」の不思議な味わい

明治チョコレート効果の「オレンジ&大豆パフ」でカカオポリフェノールの海に溺れる! - チョコレート実食レビュー

リッタースポーツよ再び!ストロベリーヨーグルトで乳酸菌をガツガツ味わう! - チョコレート実食レビュー