美味しいチョコレートとお茶を楽しむブログ

チョコレートとかスイーツとかお茶をじっくりとまったりと味わうブログです


スポンサーリンク

【ドロステパステル】『オレンジクリスプ』を実食!


スポンサーリンク

7月です。

夏の始まりです。

歩くだけで汗がにじみ出る蒸し暑い日本の夏。

毎年この時期に思うのですが、チョコレートの管理が本当に大変でして。

冷蔵庫に入れずに常温で部屋の中に置いておくと・・・

 

溶けること溶岩の如し!!!

 

 

固形だったはずのチョコを「さあ食べようか」と思って指でつかむと、「ぐにゅっ」とした感触がして「こっ、これはっ!」と焦って封を開けると、案の定、指の形にチョコが崩れてたということが何度あったかわかりません。

電気代を浮かすためにクーラーをつけずにいたツケがチョコに回ってきたという・・・ 

まあ最初から冷蔵庫に入れておけよという話になるのですが(笑) 

そんな感じで今回は始めから冷蔵庫に入れておきました。

そう、それが今日の実食チョコレート「パステルオレンジクリスプ」です。

 

 

オレンジといえば、ミネラルやビタミン、カルシウムやナトリウムなどが豊富に含まれている栄養たっぷりの果実で、その効果は「美容」「ストレス緩和」「生活習慣病などの予防」など多岐にわたります。

もちろん風味のほうも、甘酸っぱいジューシーさが夏の暑いときにぴったりで、喉の渇きを癒してくれるわ体にはいいわで、いいことずくめの果物の王族です。(王様とまではいきません。あくまで一族待遇です)

かたや、そんなオレンジとコンビを組んだチョコレートのほうも、十分に人体の健康維持に貢献しておりまして。

チョコレートの最重要成分がカカオマス

このカカオマスに含まれる「ポリフェノール」(カカオポリフェノール)が、いかに素晴らしい効果を持つかは、チョコ好きのみなさんなら知らないとは言わせません。

 

カカオポリフェノールの効果

  

①血管を広げることで血圧を低下させる効果

②強い抗酸化力でコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化の原因の一つをシャットアウト

③ストレスの軽減

④抗酸化力で美肌を維持

⑤抗酸化でアレルギー抑止

⑥脳を活性化させる  

(参考サイト:5分で分かる効果 カカオポリフェノール・カカオプロテイン | みんなの健康チョコライフ

 

こんな感じで、いかにチョコレートのポリフェノールが凄まじい働きをするかが一目瞭然かと思います。

そんな「ポリフェノール夜露死苦!」なチョコレートと、ミネラル・ビタミン命のオレンジが組んだパステルオレンジが体と心に悪いわけがないがな!!

ということで、リアルな実食を次のターンでお送りさせてもらいたいと思います。

 

実食ターン

 

パステルはオランダのチョコレートメーカー「ドロステ」のチョコシリーズ。

 

www.droste.nl

 

1893年に設立された老舗チョコメーカーの商品は、日本でも昔から店頭で置いていたよという証言をネット上で散見できるくらい、ご存知の方なら意外に馴染みのあるチョコかと思います。

 

 

筒状の入れ物に入るのは、果たして筒状のチョコなのか・・それとも普通に板チョコなのか・・・(もし後者ならパッケージ職人の意地を感じる)

 

 

筒状か?!

ということは、やはり望遠鏡のような長い棒状のチョコが・・・?

 

 

ふつーにコインタイプでした。

それもポテチのミニバージョンみたいな収まり方。

 

 

近くでみると、ますますコインのような大きさと形です。

香りは、ものすごくオレンジ

カカオマスの匂いと混じって実にオリエンタルなフレーバーを放っておられます。

 

 

カリッと噛んでみると、これが意外に噛みごたえがあるときた。

いや、たぶん、冷蔵庫に入れて固まっていたせいでしょう。

もしこれが「日中常温の刑」に処していれば、間違いなくチョコは我が指で「くちゃっ」とひん曲げられるレベルにあったはず。

 

 

よく見ると、断面からは白い何かがうかがえます。

あれは何だ?

宇宙人か?

地底モグラか?

それとも・・・鼻くそか?

 

冗談です。

クリスプです。

これが噛んだときにジャリジャリして実に噛み応えがありました。

こういう食感というのは、味以外のところで本能を刺激してくれるので、評価するときに非常に高いポイントになります。

今までも自分の中で高評価だったのは、その多くがガジガジしたりジャリジャリしてた噛み応え系でしたから。

 

そろそろレビューの終盤になりますが、総じて言えるのは、海外のチョコなので日本のものよりも甘くて濃厚なのはベースにあるということ。

でもそれ以上にオレンジの風味が強いので、味覚がそちら側に引っ張られます。

チョコの味はそれほど目立たず、むしろ後味にオレンフレーバーに交じってミルクのまろやかさを感じたくらいですね。

全体としては、オレンジ=7:ミルクチョコ=3くらいの味の割合でしょうか。

 

まとめターン

 

熱いブラックコーヒーと一緒に食べれば、ちょうどいい具合かなと。

ブラックの渋い喉越しが、ミルク系オレンジチョコレートの甘さを抑えてくれると思います。

個人的には、同じシリーズでビターチョコレート版があれば、ぜひ食べてみたいですね。この食感なら必ず美味しいと思うので。

逆にフルーツチョコが好きな人なら、今日のオレンジチョコはかなりの美味になるのではと思います。ドロステからは、ほかにもいろんなフルーツチョコが出ているので、気に入ったフルーツがあれば、ぜひトライしてみてください!

 

「果実系チョコ」カテゴリ

chocoreview.hatenablog.com