チョコレートそれは禁断の果実の名前

チョコレートの実食レビューです。ときどきほかの食材をつまみ食いしたりしてます。

スポンサーリンク


明治コーヒービート「薫るエスプレッソブレンド」は珈琲豆とそっくりだった!!

スポンサーリンク


コンビニ購入の粒タイプチョコです。

ほかの駄菓子系チョコと一緒にまとめて買ったので、最初は印象に残りませんでした。

実食するときに「おお、そういえばこんなのあったなー」くらいの軽い感覚というか。

 

ところがですね

 

このチョコがえらいことをしてくれたんですよ。

ええ、そりゃあもう、どえれーすごいことをね。

それは何かといいますと・・・

 

 

チョコを本物の珈琲豆と間違えて、もう少しで豆挽き機で挽きそうになった

 

ということ。 

それくらい近似値。

それくらい親戚のお兄ちゃん。

親戚の・・は意味不明ですが(笑)、とにかくそっくりでした。

 

珈琲豆のようなチョコを実食

 

ずばり結論から言えば、前評判・知識なしに買ったこのチョコは、想像以上に美味しくて、一粒一粒が本当にコーヒー豆のような形をしてるということです。

 

 

それくらい真に迫ったチョコなのだから、きっと中身も相当なものに違いありません。

だから「ガツン!とくるコーヒー3倍」と銘打ってるんです。

いったい何が3倍なのかよくわかりませんが、それだけカカオポリフェノールの濃さが尋常ではないということはよく分かるんです。

 

 

内封を取り出して・・・

一気にエイッ!

 

 

どうです?

そっくりでしょう?

特に真ん中の縦線なんか、本物の雰囲気をすごく出してますから。

実際、香りもけっこう濃厚で、一臭すると、カフェオレのフレーバーが心地よいくらいなんですよ。

 

 

少し離れて見ると、ほんのりと黒い米パフ菓子に見えなくもないですがね。

 

 

味のほうですが、エスプレッソにそっくりです。

とにかくコーヒー風味が出まくってます。

カカオポリフェノールの花園です。

 

 

割ってしまいました。

パカッと半分に。

じっと中を見ると、やっぱりチョコレートですね。

軽くてビターだけど、小さくてパンチがある。

おまけに一口サイズなので、パリパリ、ポリポリが止まらないときもある。

そんなときには、ゆっくりと深呼吸して、水を入れたやかんで頭から行水すれば目が覚めます。

 

 

 健康面では

 

基本、コーヒーもチョコも自分の中でアロマテラピーな香りと風味を持っているので、それが今回も漏れなく「快食・快便」につながりました。

とにかくこのチョコを食べて香りを嗅ぐと、すぐにお腹が動き出して、朝の賢人タイムに直行便です。

これって便秘薬の効能もあるのかな?というくらい、胃腸を刺激すること鬼の如し。

人によって異なると思いますが、自分の場合は効果てきめんですね。

特にコーヒービートは普通のコーヒーチョコよりも、コーヒーフレーバーの配合量を大目に設定しているような雰囲気がありますから、その「快便効果」も普段の3倍効果が見込めます。

なので、これを食べたら、すぐにでもズボンを半分脱いで、トイレの前にスタンバイする「わし、常に戦場にあり」の心構えが必要かと思われます。

また普段は、食べてすぐリピートしたいと思うチョコはそれほどないのですが、このコーヒービートに関しては別格で、とにかくすぐにでもまとめ買いして、香りと風味を楽しみたい、何より快便の響きを快感に変えたい・・という切実な気持ちになりました。

それくらい、美味しかったし、アロマ効果は抜群だった。

ほんとすごいっす、明治さんは。

こんなすごいチョコを開発してくれて。

海外に行くときは、正露丸と一緒にこのチョコを持って行けば、たいていの胃腸のトラブルは対応できるんじゃないかな?(それは大げさか笑)

一口で二度も三度も美味しい、明治のコーヒービートは、チョコ界の「小さな巨人」!

今回はわりとマジにそう思いました^^ 

 

おススメ記事

神戸フランツ「魔法のショコラスク」はビターなカカオの美味しさが絶妙!

グリコ『ハンディポッキーメンズ』と雪印『ほろにがコーヒーゼリー』で夏の暑さをぶっ飛ばせ!

アルフォート再臨!「プレミアム エチオピアモカ」でアフリカの風を感じる!!

エスコヤマのモンスターカカオシリーズ「カフェビター」