美味しいチョコレートとお茶を楽しむブログ

チョコレートとかスイーツとかお茶をじっくりとまったりと味わうブログです

スポンサーリンク


【明治】ホワイトチョコレートのミルキーさは想像を絶するほど甘く切なく・・・そして舌に染みた

スポンサーリンク



明治のホワイトチョコレートです。

数あるチョコレートの中でも最もシンプルな板チョコタイプですね。

明治が誇る伝統のチョコなのだとか。

catalog-p.meiji.co.jp

シンプルだけに応用が効きやすいチョコレートといいましょうか、お菓子の材料にも使ったりする場合もあるようです。

ホワイトチョコなので、カカオマスは入ってませんが、ミルキーな味わいが期待できるまるやかな色合いがすごく食欲をそそりますよね。

このタイプのチョコは明治さんの数ある他のチョコ菓子の基礎になっているようで、「明治ガルボ」や「明治アーモンドチョコレート」などのパッケージも、このホワイトチョコに倣っているようです。

では実食といきましょう。

  

実食タイム

 

明治ホワイトチョコレート。

スーパーやコンビニでおなじみの定番チョコです。

 

 

世の中には様々なチョコが満ち溢れておりますが、やはり最終的に戻ってくるのが板チョコというやつでないのなかと思うわけですね。

なぜなら味が最もシンプルで奥深いから。

その中でも明治製菓の板チョコシリーズは一番食べよいんです。

なにせ癖がない。

特別な個性があるわけではないけど、食べ出したら止まらない普段使いの良さがある。

料理でいうと「みそ汁」みたいなもんかな?

あと色んなチョコを食べた後の口直しにこの板チョコを食べることもありますね。

甘いものにさらに甘いモノって一体どうよ?って言われるかもしれませんが、この板チョコを食べると、チョコの本分に戻れる気がするんですよ。

チョコレートがチョコレートだった、あの頃のありのままのチョコレートという時代に。

懐かしいなあ、嬉しいなあとつぶやきながら、時には涙を流しながら食べてるときがあります。故郷を思い出すんでしょうか。

思えば俺も遠くまできたもんだ・・・

 

なんてね

 

ウソか本当か分からない御託を述べたところで、さっさとこのへんで実食に移りましょうカカオマス!

 

 

裏面表記には北海道ミルクをふんだんに取り入れたミルクたっぷりのホワイトチョコレート!と書かれていて、ミルク好きの自分にはまさに福音だぜこれはよ!とばかりに気分がミルク色になってきました。

 

 

あんた、一体どんな顔してるんだい?

 

 

「チョコレートは見た!」の市原チヨ子か!!

 

 

全身がミルク色っす!

香りも濃厚にミルキーっす!!

 

 

どうだい?

白いだろう?

 

 

ああ、白いさ。

蕩けるほどにな・・

 

 

中身も白ときやがった。

 

 

早速味見だ!

 

 

う~ん、ミルキー。

どこをどう切り取ってもミルキーでメルシー。

しかもオイリーだから意外に濃厚だぜこいつはシルブプレ。

そんでもってかすかにバニラっぽい風味もするから摩訶不思議。

でも原料表記には砂糖とココアバターと北海道全粉乳と脱脂粉乳しか入ってないから!

チョコに不可欠なカカオマス、スタメンから外されてるから!

でも美味。

不思議にリッチな味わい。

嫌いじゃない、濃厚なおちちの風味。

てか、バニラ味ってのはいったいなんだったんだ?!

たぶん、気のせいです。(でも美味しかったっす) 

 

おススメ記事

不二家「ミルキーチョコレート」で昔懐かしのクリスマスケーキの味を感じる!

グリコ「GABA(ギャバ)・ミルク味」でストレスフリーな生活を取り戻せるか?!

チョコレートクッキング・シリーズ「明治ホワイトチョコのトースト乗せ」