チョコレートそれは禁断の果実の名前

チョコレートやスイーツのレビューブログです。

スポンサーリンク


石屋製菓の『白い恋人』は濃厚かつ「儚い」味わいだった・・!

北海道自慢のみなさん、ついにやってきましたよ、このときが。

白い恋人です。

利尻山に舞う粉雪を想うひとときです。

北の大地の贈り物です。

ラング・ド・シャ(クッキー)に身悶えする時間です。

ホワイトチョコに涙せよ!

いでよ!ホワイトラバー!!

 

 

なんて美しい色彩だこと!

まるで北の雪原を思わせる青空と雪山のロマンティックなコントラストが心に染みてああ切ないわ!!

なんて、思わず血迷ってしまいましたが、それくらい、このパッケージには南に住む大和民族の心を惑わせる何かがあるのですよ。

そう、喩えてみれば、ハワイのオアフ島に憧れるゴビ砂漠のサソリみたいなものでしょうか。

えっ?

余計分からんわ!って?

それは失礼しました。

ではお口直しに、次のターンで実食をご覧入れましょう。

 

実食タイム

 

先ほどはいきなり核心部分のパッケージをご覧いただきましたが、やはり物事には順序というものがありますので、ここはひとつもらったままの姿をご覧頂こうかと思います。

 

じゃん!

 

でん!

 

ぐわん!!

 

知り合いが北海道に旅行してきた時におみやげで買ってきてくれたものなんですよ。

北海道と言えば「カニ」とか「イクラ」「鮭」とかの海鮮物を想像してしまいますが、白い恋人というのも、スイーツ好きにとっては捨てがたい魅力があるのです。

 

 

 

内パッケージカラーは意外に深緑です。

やはり山の緑をイメージしたのでしょうか。

少し驚いたのが、一袋ずつ入っているのではなくて、3つずつセロハンでまとめられているところ。

 

 

最初はなぜこんなことをするのか不思議に思いましたが、よく考えてみると、おみやげで持ち帰る人のために、あえてまとめているのかなと理解しました。

どういうことかというと、お土産物というのは、基本的に遠距離の地域から買いに来る人を想定して包装されているので、移動中に破損したりしないように何らかの措置を講じているのだと考えたからです。

とくにこういう破損しやすいお菓子というのは、箱の中で動いて形が損なわれがちなので、こうやってまとめて塊になって落ち着かせているのでしょう。

コンビニのおにぎりが長距離トラックの移動に耐えるように凝固剤で固めているのと同じ原理が働いていると考えても良いかもしれません。

トラックの運転手をしている知人に聞いた話なので、確かな情報だと思うのですが、コンビニによったり、おにぎりの種類によっても異なると思いますので、すべてのコンビニおにぎりに凝固剤が含まれているかどうかは分かりません。

あくまで一つのお話しということで。

もちろん白い恋人には凝固剤は入ってませんので、ご安心を(笑)

箱の中で動きにくいようにセロハンで包みを固定している理由が、長距離輸送用に作られた製品のそれと同じ意味を持つのではないのか?という私の想像ですから。

横道の話しが長くなりました。

それではいよいよ本体のご登場と願いましょう。

出でよ、白い恋人!

 

 

まずは包装フィルムに入った状態でごあいさつです。

この時点ではもちろん無臭です。

 

 

フィルムをはがして登場です。

ここでようやくバターとミルクの混じった香しい匂いが鼻をつき始めます。

 

 

ホワイトチョコがはみ出てます。

チーズクラッカーのようで美味しそうですね。

けっこう薄くみえますので、案外ボリュームないなと思われがちですが、これが意外にそうではないんですよ。

その理由はこれからじっくりと。

 

 

ここでいきなり荒技を仕掛けます。

クッキーからホワイトチョコを抜き出すという反則技が炸裂しました。

もちろんチョコの実態を調べるためですが、ただ抜き出しただけなので、なんの成果も得られません。

やはりこういうものは口に入れて食べてみないと何ともいえませんね。

ということで、ホワイトチョコには元の位置にもどってもらいました。

 

 

どええええいっ!

 

 

再び荒業炸裂です。

この行為の意味を問われるような気がしたので、あえて行動で答えてみます。

 

 

 

断片をより詳しく見るためだったのですね。

バラバラにすれば、もっと内部の構造とかクッキー生地の気泡だとかが微細にわたって目にすることができるような気がしたので、つい。

ギザギザの部分に白い恋人の本音が見て取れるような気がするのは私だけでしょうか?(多分そうだ)

ではそろそろ本当の実食に入っていきましょう。

 

 

まず最初にくるのが、ビスケットのサクッとした歯触り。

粒子の細かいビスケットを噛んでいると気持ちがいいですね。

これを「ラング・ド・シャ」と呼ぶのですが、このブログでも何度か説明してきた常連のクッキー生地の名称。

 

・フランス語で「猫の舌」の意味

・室温で柔らかくして練ったバターと同量の砂糖を合わせ、それに小麦粉、卵白、バニラエッセンスを加えて生地を作り、薄く細長い棒状にオーブンで焼き上げる

・軽く、口の中で溶けるような食感が特徴

 

とにかくこのクッキーの食感が気に入りまして、なんというか「すぐに溶けて消えていく儚さ」がすごく胸に迫りました。

「儚い」味わいに日本そのものを感じて、白い恋人を好きになる外国人も多いのではと想像します。

 


卵白が入っており、そこにミルクとバターの濃厚の甘さが合わさって、けっこうな食べごたえを感じます。

寒い地方ならではの甘さというやつでしょうか?

寒い地域に住む人は体温が下がるために、甘いものを欲するといいます。

体温が下がると、体は血管を収縮させて体温を外に逃がさないようにします。

この血管収縮のために必要なエネルギーが、甘いものを構成している糖分と脂肪によって補給されるために、寒いと甘いものが食べたくなるという仕組みなのですね。

なので、この白い恋人も単なる観光地のお菓子というだけではなくて、地域の特性を取り入れたローカルフードという側面も持つのだと、個人的に想像しております。

とにかくこんな感じで、 一枚は薄いけど、相当口のなかが甘くなることは請け合いです。

外国人は濃い味付けを好むので、こういった濃厚な菓子のほうが人気が出るのかもしれませんね。

 

まとめ  

一枚一枚は薄いけど、中のホワイトチョコが濃厚なので、食べごたえは抜群です。

というか、これを太く大きくしたら、逆に濃厚過ぎて日本人の口には合わないかもしれません。

なので、これくらいがちょうど良い大きさなのでしょう。

ドリンクとの相性でいうと、これはもう紅茶が一番。

コーヒーだと少し濃すぎる気がします。

紅茶、それもダージリンあたりが上手くマッチングする感じがしますね。

ロッジの窓から雪山を眺めながら、紅茶の淡い香りと白い恋人の濃厚な風味を楽しむ優雅なひとと時が俺にも欲しいぜ!!と猛烈に思った実食レビューでした!

 

おススメ記事

明治ホルンを食べて地中海のほとりで素敵なひとときを過ごした気になる

ブルボンの「濃厚ココナッツミルクチョコ」でストレスが軽減してお腹もすっきりした!!

官能的な噛みごたえのブルボン「ラシュクーレショコラ」