美味しいチョコレートとお茶を楽しむブログ

チョコレートとかスイーツとかお茶をじっくりとまったりと味わうブログです


スポンサーリンク

【有楽製菓】最強のボリュームを誇る「ダークマター」が同時に全宇宙最強である理由


スポンサーリンク

有楽のブラックサンダーシリーズ「最強」編です。

実はこのブラックサンダーを初めて見た時、ある単語が私の頭の中に閃いたんですよ。

 

 

その単語とは、かつて全銀河系を恐怖のどん底に陥れたあの著名な存在の肩書といいましょうか、その著名人は「最強」の称号を全銀河系から認められ、その恐るべき力で全ての惑星を支配下に収めていたと考えられる、あのお方を象徴する形容詞がまさしく「最強」だと。

同じくチョコレビュー界最強を自称僭称する私のほとばしる感性溢れ出る才能(妄想)から導き出される、あくなきイマジネーションの産物といいましょうか、このブラックサンダーダークマターをコンビニで手にした時から、私の空想世界では新たなる伝説の始まりを予感できていました。 

それはまさに聞くだけで背中に戦慄の雷撃がほとばしり、恐怖のあまりにおしっこすらチビってしまいかねない禁断の単語。

その実態とは・・・

 

 

ダークマスター降臨! 

 

 

マスター!

いやさ、シス卿!

シス卿といえばパルパティーン、パルパティーンといえば、暗黒ジェダイの棟梁ときた!

このパルパティーンと名乗る元共和国議員が後に全宇宙の皇帝となる過程が実に面白くてですな!

www.starwars.jp

なぜ皇帝をマスターと呼ぶかは、名作「スターウォーズ」を観ていない方には分からないかもしれませんが、この皇帝は忠実な弟子を抱えていて、その弟子が皇帝をマスター(師よ)と敬意を込めて呼んでいたことからつけらた「敬称」というやつなのですよ。  

その弟子とは・・・

 

ベイダー卿(ダースベイダー)!

 

 

全宇宙を恐怖のどん底に陥れた元ジェダイ評議会きっての天才ジェダイ騎士アナキン・スカイウォーカー!!

後に暗黒面に落ちてブラックでダークなパルパティーン皇帝の手先となって、全銀河系を荒らしまくった最強の暗黒騎士ダースベイダー!!!

彼はジェダイ評議会から認められた正式な「マスター」ではありませんが、その実力はすでに凡百のジェダイマスターをはるかに凌駕したパワーを持つといっても過言ではないことをスターウォーズクレイジーな私が保証しまくります。

そしてその全宇宙最強の師弟コンビが次に狙ったのは、ユーラクという日本最強の・・・・

 

えっ?

 

スターウォーズがブラックサンダーと何の関係があるんや?って?

それは簡単です。

ダークマターをダークマスターと勘違いしていたから。

ただそれだけです。

ただそれだけのイージーなミステイクのためだけに、貴重な皆様のお時間と視聴覚カロリーを前説レビューに張り付かせて頂きました。

失礼ぶっこき!!

というわけで、そろそろ本当にブラックサンダーダークマターの実食レビューに取り掛からせていただこうではありませんかコーホー!

  

実食タイム

 

スピンオフ作品のスターウォーズ最新作「ローグ・ワン」がいよいよ来月16日(2016年12月16日)に日本公開となるわけで、長年のスターウォーズファンである私には、新作の公開が待ち遠しくてなりません。

starwars.disney.co.jp

とはいえ、今日のチョコレビューは、新作の紹介にかこつけて前説を書いたわけではないのですよ。

あくまで「ダークマター」というネーミングに触発されたというだけのことなんですが、反面、そのダークマターというネーミングが引き起こした妄想世界にたがわぬ最強ぶりを、このチョコは口の中で展開してくれたということも見逃してはならぬ事実だと思います。

なぜ最強かというと・・・

まずはこの見た目をご覧そうじろ!!

 

 

ぼってりしてます。

ぼてじゅうです。

急速に小麦粉が恋しくなってきました。

それくらい見た目は「お好み焼き」並みにボリューミー。

 

横からも

 

斜めからも

 

縦のショットも

 

どこをどう切り取ってもボリューム満点です。

通常のブラックサンダーの2倍サイズがもたらす迫真の3D感満載です。

この見るからに重量があって歯ごたえがありそうなルックスそのままに、その香りもかなり濃いことも事実。

なぜこんなにカカオの香りが芳醇なんだ?

そう思って裏パッケージを見た瞬間・・・

 

 

おおお!と。

マダガスカル産カカオが配合されてるからなのか!と。

マダガスカル産カカオとは、アフリカの隣に位置する島国のことで、そこが産するカカオマスは世界のカカオ豆の中でも高級とされているよう。

www.african-sq.co.jp

上のサイトでそのことを知ったのですが、そうなのか、そんなに高級なカカオがこのサンダーには入っていたのか・・と深く頷きながら、私は容赦なくその身を半分に折ってやったのです。

 

 

ボキリ!という音を立てて、最強のサンダーは無残にも分断されました。

どれだけ全宇宙最強の称号を欲しいままにしようが、所詮はお前はチョコにすぎん、神に等しい人間様の手にかかればあっさりとこのザマよ、あわれよのう・・などとグフグフ笑いながらテーブルの上の割れたチョコを不気味な笑顔で眺める私は、きっとある意味「世界最狂」だったに違いありません。

そんな一人妄想タイムを乗り越えて、ついにやってきました、中身検分タイム!

 

 

割れた断面図から推し量れる情報はといえば、そこに濃厚なカカオとクッキーが入っているという当たり前なブラックサンダーアナリシスとなるわけですが、しかし実はより濃厚な成分がそこに含まれていたということを、すぐに気づいたのです。

 

チョコチャンク!! 

 

かつて同じブラックサンダーシリーズで取り上げた、あのチョコチャンクが再び!

chocoreview.hatenablog.com

 

チャンク=chunk=大きな塊(かたまり)、厚切りのかたまり

 

 そういうわけだったのです。

チャンクの塊が(意味が二重になってるが)ただでさえ濃厚なダークマターをより別次元の濃さに仕立て上げて、やがて真のリアルな『ダークマスター』へと変貌を遂げさせていたのです。

ではいざ嚙まん!!

 

ガリッ

 

少し固いかもしれない、しかし同時に クッキーのガシガシ感が気持ちよいほど脳髄にヒートする感覚が心地いい。

ほどほどに甘く、とどめなく濃いカカオマスの味がマダガスカルの南洋の果てに広がるはるかな地平線を彷彿とさせます。

 

 

アーモンドとクッキーの食感もよいですね。

食感というのは、食べ物レビューの中で最も評価を分ける大事な急所だと自分の中で感じています。

味そのものは意外に普通のブラックサンダーなんですが、この食感が心地よいというのは、なににもまして、ダークマターが美味いチョコであることの証であると思うんですよ。

後味も悪くありません。

食べごたえ十分、小腹すいたときにはもちろん、マダガスカル産カカオが醸し出す芳醇感がコーヒーと抜群に相性が良いということも、併せて付け加えておかないといけませんね。

全宇宙最強はパルパティーン皇帝でしたが、ブラックサンダ―界、いや、チョコチャンク界最強の称号は、このダークマターに授与しても良いのではないでしょうか。

それくらい、濃くて食感も良くてチャンクの魅力が詰まった最強の駄菓子でした。

あらゆる面で最強を目指す人にはおすすめのサンダーです^^

chocoreview.hatenablog.com

 

おススメ記事

chocoreview.hatenablog.com

chocoreview.hatenablog.com

chocoreview.hatenablog.com

chocoreview.hatenablog.com