読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコレートとゆかいな仲間たち

チョコレート&スイーツときどきグルメのレビューブログです。コーヒーや紅茶などのお茶系も紹介します。

スポンサーリンク


AGFのドリップコーヒー「煎」で感じた、和の心

スポンサーリンク

今日はチョコレートの良き友、コーヒーの紹介です。

ドリップコーヒーで美味いのはないのかと、近所のスーパーで探していたところ、たまたま見つけたのがこの「煎」でした。

最初は「オシャレなコーヒーカップだな」と思って手に取ったのですが、ドリップコーヒーのパッケージだったことを知って驚きです。

大きさもちょうどカップくらいのサイズですからね。

 

 

メーカーもAGFで珈琲では有名な会社だったので、ちょっと買ってみようとレジに持って行ったというわけです。

AGFの正式名称が「味の素ゼネラルフーヅ」というのを知ってる人はまあまあいると思いますが、恥ずかしながら私は今まで知りませんでした(涙)

味の素のA,ゼネラルのG、フーヅのF、ということでしょうか?

フーヅが「フーズ」ではなくて「ヅ」というのがこだわりですね。

きっとそこには何か深い真意が隠されているのでしょう。

 

「煎」の特徴とおいしさの秘密

商品名の「煎」と同様に、焙煎の方法にも「和」の心を大切にしているのが分かりますね。

 

 

 

匠な技で焙煎の時間と温度をコントロール。やわらかい日本の水だから、より一層コーヒーの香りがひきたちます。 

 

コーヒーの豆そのものは「タンザニア、コロンビア、他」と書いてあるので、純粋に日本のものではないようですが、日本の水で焙煎を・・・・

 

????

 

一瞬、「日本の水」と書いてあるから、焙煎するときに水を使ったのかなと思ったのですが、焙煎に水を使うなんてあまりイメージが湧かないし、いやでもコーヒーってのはそうやって作るもんじゃないかな、と。

私もコーヒーに関して別に詳しいわけじゃないので、強引にそう納得しようと思ったのですが、やはり気になるので、ちょっとググってみました。すると・・・

 

www.agf.co.jp

 

サイトでちゃんと説明がありました。

その中で該当部分を抜き出してみると・・・ 

 

〈煎〉は、日本の水に合うように、選び抜いた豆の特長を引き出すこだわりの焙煎で仕上げた、気高く繊細な香り、澄み切った味わいが特長の日本を感じるコーヒーです。独自の「T2ACMI(たくみ)焙煎®」技術を採用し、日本の水との相性など、さまざまな視点から「日本のおいしい」を科学し、コーヒーづくりに生かす中から実現した味わいです。 

 

なるほど。

日本の水に合うように焙煎された、ということなんですね。

それなら納得です。

でももうちょっと詳しい説明をパッケージに書いてほしかったなあと(見過ごしてるだけかもしれませんが・・・)

ちなみにこちらが宣伝動画です。

 


AGF〈煎〉せん プロモーション動画

 

う~ん、実にみずみずしいですね~

見てるだけで「日本の心」を感じそうだ。

こんな美しい自然の中で飲むコーヒーは、マイナスイオンに囲まれてさぞかし美味しいのだろうなあ・・・

 

しかし実際には下町の自宅で「ドリンク煎」でございます。

 

ではいざ、ドリップに参らん!!

 

まずはパッケージを開けてみましょう。

 

 

5つ入りですね。

パッケージと同じカラーデザインで統一されています。

 

 

煎の本体が登場。

このフィルムパッケージも雰囲気があってそのまま部屋に飾っておきたいのですが、それでいつまで経ってもレビューができないので、開封することにします。

まずは表。

 

 

そして裏。

 

 

これをどうやってカップに載せるのかというと・・・

 

 

こんな感じです。

なるほどと。

では中身をご覧あれ。

 

 

いい~感じの焙煎カカオ色ですね。

漆黒の野生児という感じで実にワイルド。

香りですが、この時点では、ちょっと辛いかな?という感じです。

ではドリップ位置に設置していきましょう。

 

 

パッケージを指で横に押し開げて、四足をカップにかけて完了。

なんだか宇宙船みたいですね。

上から見た宇宙船「煎」。

 

 

横から見た宇宙船「煎」(もういいってか!)

 

 

ではそろそろお湯を投入しましょう。

 

 

カップの中にお湯が溜まっていく瞬間を撮影したかったのですが、いかんせん片手でカメラを持ってドリップしているので、シャッターを押そうとするときには、すでにお湯のほとんどはカップに落下しているという(涙)

写真全体がぼやっとしてるのは、湯気のせいなのか、それとも手ブレのせいなのか・・・(たぶん手ブレです) 

 

 

すでにキッチン全体にコーヒーの香ばしい匂いが漂いまくってます。

当たり前ですが、普段飲んでいるインスタントコーヒーとは格の違う上質の香りというのでしょうか。

もちろんカップの中のコーヒーはいい色を出しています。

 

 

これでドリップ完了です。

あとは飲むだけ。

いったいどんな「和の心」が待っているというのでしょうか。

 

そして実飲タイム

 

色もいい、香りも最高。

いよいよ”「煎」の初飲み” 開始です。

 

 

先ほども言いましたが、香りはやはり辛口っぽいですね。

味の方ですが、これはかなりマイルド。

はっきりいって飲みやすいです。

苦味も少なくて、口に含んだ時に「ふくよかさ」を感じます。

決して攻撃的ではなくて優しい味わい。

濃口なんですが、みずみずしさがありますね。

後味もすっきりしてます。

ほのかな香ばしさがしっとりと残る感じ。

まさに「日本の心」「和の味わい」の商品イメージにふさわしい実飲レビュー。

正直、最初は宣伝倒れの「ごくごく平凡な味」で終わるんだろうなと思っていたんですが、実際にここまで本当に日本的な情緒を残した味わいに仕立て上げられているとは全く予想していませんでした。

これ本当にAGFさん、いい仕事したと思います。

ほかのドリップコーヒーにはない、独特の味わいがありましたから・・

それとも何でしょうか?

私のドリップのかけ方があまりにも絶妙なために起こった奇跡とでもいうのでしょうか?

いや、たぶん、メーカーさんの開発努力のたまものです。普通に。

お茶菓子として「おかきと」か「饅頭」などの和菓子でも十分相性の良いコーヒーだと思います。

和食となると微妙ですが、甘いものなら、いい感じで口の中で融合してくれると思いますね。

八つ橋が好きなので、今度は八つ橋と一緒に飲んでみることにしましょう。

「煎」の実飲レビューでした!

 

おススメ記事 

夏の暑い夜に『ネスカフェゴールドブレンド・ボトルコーヒー』はどうでしょう?

ホーマーのアイスコーヒーは安くて美味い!!

ユニカフェのモカブレンドで大人のコクを味わう!

ユニカフェのスペシャルブレンドを実飲!