美味しいチョコレートとお茶を楽しむブログ

チョコレートとかスイーツとかお茶をじっくりとまったりと味わうブログです

スポンサーリンク


【ブルボン】「パレットアートチョコレート」でマダガスカル産カカオの芳醇な香りに酔いしれたひと時

スポンサーリンク



ブルボンが贈るおされなパッケージのチョコレートです。

 


パッションピンクと丸みを帯びたチョコレートのデザインがまるでブティックですね。
女子力高めです。

昼休みにキャーキャー言いながら食べたいです。
少なくとも、おっさんの出る幕はなさそうです。

しかし!

これが意外にダークな意味をもたらしてですな・・・

  

ノワールカカオの恐ろしさ

 

パッケージに「ノワールカカオ」と書かれています。

おろらくフランス語なのでしょうが、ノワールの響きがなんだか「高貴」で、イメージ的には馬に乗った男前の貴族がお姫様と一緒に馬上でチョコレートを食べてるという雰囲気。

しかしですね・・・

その真の意味は実はかなり腹黒だったのです!! 

 

「黒・ブラックな」

という意味になります。

もちろんただの黒色という意味でも使われるのですが、
「黒・ブラック」という「不正・裏」という意味でも使われます。

ノワール映画というのは、裏の世界や犯罪者の世界などを描く映画となります。
派手ではなく、暗い作品となります。

黒という言葉は意味が多いです。
「白黒つける」という使い方であれば、正しいか正しくないかを決めるという意味です。
 「あいつは黒だ」であれば、「あいつは犯人だ」というような意味です。

ノワールの意味とは 

 

犯人だったのか!カカオよお前!

暗いとかブラックだとか、あまりいい意味はなさそうですね。

しかしブルボンさんがつけたネーミングの真意は単に「黒いチョコレート」という程度のものなのだと思います。

しかしこういう言葉の深い意味を理解しておかないと、フランス人に「おれっちの国の美味しいチョコレート食べなよ!」と言って「ノワールカカオやねん」と紹介したら、「シルブプレ・・」と怪訝な顔をされかねません。

(お前の国のチョコは腹黒いんか、ぷぷぷっww)

などと青い目でうっすら見下されてはたまりませんので、そのときは「ノワァール、カカオオォォォ!!」としわがれ声で脅かして差し上げましょう。

 

 

いまこそ銀河系をノワール一色に染め上げる時がきたのだフオオオッ!とばかりに目の前で電撃フォースを放出するふりをしてやれば、きっとあなたの株は急上昇すること間違いなしです(危ないやつだソルボンヌという意味で)

 

チョコレートを構成する原材料たち

 

サブタイトルのノワールうんちゃらに関わってる暇が合ったら、さっさと本編に移れや!という叱責が画面の向こうから聞こえてきそうですが、ここはもう少し我慢して頂いてお付き合い願えればと思います。

まずは原料表記から。

 

 

 

カカオマス、砂糖、植物油脂、クリーム、全粉乳、脱脂濃縮乳、洋酒、ぶどう糖、バター、水飴、乳糖、ココアバター、乳化剤、グリセリン、ソルビトール

 

少しぼやけてますが、錚々たる製菓メンバーが勢ぞろいしている、チーム「パレットアート」です。

ではその打線の特徴は?

 

 

コーティングのセクシーなレッドカラーと、中身を構成するビターガナッシュ、そして何よりこのチョコレートの味の核心部分であろうマダガスカル産のフルーティーなチョコレートが黒く光ってます。

ビターガナッシュって何?という疑問がチョコレートビギナーの方から飛び出してきそうなので、軽く説明しておきましょう。

まずガナッシュについてですが、

 

溶かしたチョコレートにたっぷりの生クリームを加えたり、または温かい生クリームにチョコレートを溶かし込んで作る口溶けの良いチョコレートです。トリュフのセンターなどに使われます。

ガナッシュとは - コトバンク

 

となります。

この口どけの良い溶かしチョコレートのビター(苦味のある)バージョンが、ビターガナッシュというわけですね。

いわゆるチョコレートを加工した種類名ということ。

一方のマダガスカル産カカオですが、これはもう完全に原産地名というか、農産物の名前になるので、特に意味ということはありません。

 

カカオ産地のなかでも品質の高い地域の一つとして高い支持を得ています。ベリーのような力強い酸味の中にマイルドな苦みが隠れています.そしてバナナのような甘みとナッツのような香ばしさが湧いてきます。

カカオの産地とチョコレートの特徴 - PeCaスイーツ部Wiki

 

甘みと酸味がブレンドされた、香ばしいカカオ豆ということですね。

ではいよいよ次のターンで実食レビューといきましょう。

果たしてノワールな勢力はいついかなる時にチョコに襲い掛かるのか?

いざいかん!カカオの海へ!

 

実食レビュー

 

開封です。

 

 

オシャレですね。

表パッケージをさらに鮮やかにしたパッションピンクが目に眩しす。

 

 

むう

 

 

むおっ

 

 

はうっ

 

 

ぐおおおっ!

おっさん一族を拒否するかの如くピンキーでガーリーなカラーリング攻撃に息のつく暇もあらず!

「そ、そこまでおっさんが嫌いだったのか・・・」

わなわなと震える手でオサレ色のフィルムをゆっくりとはがしていくおっさんの後ろ姿には「哀愁」以上の何かがしみじみと滲みだしていることでしょう。

「お父さんは・・・お父さんはなっ!」

と言いながら、ついにピンキー・ガナ子の全貌が露わになりました。

 

 

「!!!」

驚愕の表情を浮かべるピンキーおやじ feat.じゅんたろう。

なんとその中身はまるでサイコロの「五」のようじゃないかと、意味不明な表情に早変わりしました。

「しかも中途半端な配列だ。これはまるで謎かけのような」

ちょうど中央を分岐点に斜めに割った内パッケージデザインには、それぞれ4つずつのピンキー・ガナ子が配列されていたのです。

「あともう一つ付け加えれば、完璧な”五”になるのに・・」

サイコロの五に異常な執着を示すピンキーおやじfeat.じゅんたろうは、いつまでも悔しそうな顔つきでパッケージを眺め続けるのでした・・・(続く)

 

ということで、ここからが実食本番です。

 

ノリで思わず終わってしまいそうになりましたが、そんなことはもちろんありません。

ここからが本番ですので、気合を入れていきましょう。

まずはガナッシュチョコのひとつまみを。

 

 

丸いです。それも完璧なほどに。

しかし香りはかなり濃いですね。

そのファッショナブルな入れ物と違って、カカオ単体の存在感は相当なもの。

 

 

裏面を見せましたが、もちろん完璧なほどに水平に切られています。

ほんとうに水平になってるのか気になったので、少し試してみることにしました。

 

 

裏面と裏面の重ね合わせてがっしゃんこ。

完璧なほどに球体です。

360度の角度美をあますところなく表現しています。

では中身はどうでしょう?

 

 

狂おしいほどの2層美がそこに!

赤く色づけされたセクシーなチョココーティングドレスの下にもっさりと広がる口どけ豊かなビターガナッシュのクリーム層が嗚呼!

見るからにおいしそう球体の断面図におっさんは白目を剥いて気絶しそうになりましたが、意識が完全にブラックアウトする直前で「むおおおっ!」と黒目を力づくで白目の真ん中に戻し、目の前に鎮座するガナッシュチョコをむんずとつかんで怒涛の勢いで口の中にインしました。

カリッ

 

という軽やかな音とともに、口の中に広がるビターかつフルーティーな味わいのチョコレートクリーム。 

ビターなカカオの背景に広がる南国の果実園を思わせる爽やかな香りが、いま私の口の奥歯の付近にほら!

 

 


「これがフルーティーなカカオというやつか・・」

口の中に広がるハワイの楽園。

フルーツに囲まれてうっとりする中年オヤジの顔。

アンバランスな脳内映像に身を震わせつつも、次なる豊穣な味わいが舌粘膜を襲う瞬間がやってきました。


かすかに香る刺激臭

鼻腔に抜けるピリピリ感

 

これこそがまさにアルコールというやつではないじゃないですか。
きたな洋酒よ、ついにお前の時代が!

原料表記に記された、あの洋酒様です。
たぶんウイスキーでしょう。

それもシングルモルトのはず。

なぜ?と聞かれると答えに詰まるのですが(それはたぶん適当に思いついたから)、それくらいチョコの最後の段階で出現した味わいは”大人”そのものでした。

果実の味わいの次に洋酒で締めくくる大人のたしなみに、チョコ以上の何か新たな喜びを感じ取ったひとときというべきか。

サンクス、マダガスカル・・・

囁くように礼を述べるおっさんの目にはうっすらとカカオの涙があふれていたということは言うまでもありません(完)

 

まとめ 

かなりオサレなチョコでしたが、実際の味わいはなかなかストロングでしたね。
全体的に濃かったですが、同時に繊細な風味も感じました。
丸くて食べやすいのもいい。
しかもちょうどよい大きさ。
そんな感じで、パッケージもおしゃれ、味わいもなかなか女子力が高くて、おっさんは食べながら赤面してしまいましたうふ。
大人の女性がワイングラス片手につまめる、ちょっと手軽なチョコレートのイメージですね。

もちろん男も食べられるのでご安心を。

ノワールカカオ。

言葉の響き以上に味わい深い逸品にブルボン王朝サンクスです。

 

おススメ記事

ブラックサンダー史上最強のボリュームを誇る「ダークマター」が同時に全宇宙最強である理由

・グリコ『マカダミアプレミオ』で塩の優しさを知る!!

エスコヤマのモンスターカカオシリーズ「ピエモンテ産ヘーゼルナッツのプラリネ」