チョコレートそれは禁断の果実の名前

チョコレートの実食レビューです。ときどきほかの食材をつまみ食いしたりしてます。

スポンサーリンク


リンツ「エクセレンス・85%カカオ」を食べて官能的な美味しさの虜になる!

スポンサーリンク


久しぶりの海外チョコのレビューです。

最近は国内のチョコ菓子に多くの時間と手間とお金を割いてきただけではなく、チョコ以外のスイーツやお茶にまで手を広げて、いつの間にか「茶の間のグルメブロガー」と化しつつありましたが、元来は海外の珍しいチョコレートの感想を書きたいという想いがあって始めたブログでしたので、寄り道が激しさを増す自分に喝!を入れるつもりで原点回帰することにしました。

そう、それはヨーロッパの香り高きダークチョコレート。

 

 

リンツのチョコです。

スイスが世界に誇るチョコレートの老舗名門ブランド。

その歴史を簡単にまとめてみますと、

 

1879年にベルン(スイス)の薬剤師の息子だったロドルフ・リンツは美味しいチョコレートを作ることを夢見ていました。

それまでのチョコレートと言えば、硬くて食べにくいもので、今のように柔らかく味わい深いものでは決してなかったのです。

ロドルフは様々な試行錯誤と兄弟の協力を経て、ついに夢にまで見た甘く柔らかい、なめらかなチョコの開発に成功したのです。

以来、リンツのチョコレートは「口にとろける」チョコの代名詞として、今なお世界にその名をとどろかせ続けています。

(「リンツチョコレートの誕生秘話 」より抜粋・要約)

 

となっていて、リンツのというチョコレート会社の持つイノベーション力が創始者からしてすでにDNAとして刻まれていたことが分かります。 

 そしてそのチョコこそが!!!

 

これだす「!(バーン!)

 

それだす!(バーン!)

 

あれだす!(バーン!)

 

ほれだす!(バーン!)

 

こちらどす!(ドーン!)

 

はぁはぁと息つく間もないほど怒涛の紹介映像の連続ですが、あやうく呼吸困難で気絶する前にチョコ本体にたどり着いて良かったです。

とにかくリンツエクストラカカオ先生、全身黒づくめで登場の巻でごわす。

 

ついにその全容が明らかに!

 

まず開封したとたんに、カカオマス独特のぷーんとした香りが鼻につきました。

公式サイトでは、このチョコレートの香りを、

 

しっかりとしたカカオの風味と深味と深入りしたコーヒー豆のような香りがある。

エクセレンス・85%カカオの商品解説

 

と説明しており、まさにそのとおりの濃くも焙煎なフレーバー。

大人の香りといいましょうか。

普段食べているチョコ菓子とは一匂いも二匂いも違います。

では手触りはどんな感じかと言うと?

 


固さはまずまず。

しかし見た目で判断するのは危険です。

ここはひとつ試しに割ってみるというのもまた一興・・

 

一見薄いですが・・・

 

ポキン!と

 

割れました

 

固さがあったので、一撃では難しいかと思いましたが、思ったより簡単に割れましたね。

やはり薄さがポイントでしょうか。

それともあえて割らせた、ということか?

もしそうなら、リンツさん、あんた一体・・・

そして!

肝心の味だす。

 

 

さっきからチョコ表面上に指紋の跡がつきまくってますが、これもリンツによる指紋認証システムの一環なのでしょうか?(指紋でリンツ会員かそうでないかをチェックする妄想上のシステム)

公式サイト では「口の中で溶け始めると、先に酸味、後からほろ苦さを感じるが、両者のバランスがとても良い」とあって、「さ、ささささ、酸味?!」などと狼狽し「すっぱい」イメージをしてしまって、思わず尻込みします。

しかしそこは大人の男。

「俺も立派な中年の男だ・・・逃げも隠れもしねえよ」と渋くきめて、割った一片を指でつまむと「パクリんちょ!」と音を立てて食べたりました。

 

 

「??!!!」


途端に口の中に広がる 濃いカカオマスの風味。
この少し前に食べた有機チョコレート(後日にレビューをアップします)よりビターな香りが強いです。
そのせいか、甘さもあまり感じず、いかにも大人のチョコという風情が乙すぎます。

いや、正確には甘さはきちんとあるのでしょうが、ビターテイストに隠れて分からないというのでしょうか?

原料表記で確認して見ますと・・・

 

 

「sugar14g」とあり、確かに砂糖は入ってますね。

いや待てよ?

リンツのいう「sugar」とは英語の「砂糖」ではなくて、リンツ内で隠語となっている何かのサインではないだろうか?

そしてそれはリンツで極秘に開発されている「スガ―」という新開発のスパイスか何かとか・・・

 

 

普通に「砂糖」でした。

しかしこの超控えめな甘さはたぶん、カカオの濃さが相当なものだという何よりの証左でしょう。

そして「甘さが控えめ」で「ビター=苦味」なテイストというイメージから想像するに、みなさんはきっと「美味しくなさそう」とか「苦いのは苦手なの」とかお思いでしょうが、そんなことはノンノン!!

これが実はすごく美味しいんです。

 

 

ビターでカカオマス全開、しかしその真の姿は「癖になる味わいでチョコ好きを魅了する大人のカカオ板」というべきでしょうか。

なぜそうなるのかは私には分かります。

それは味だけではないのです。

薄めにカットしたチョコレート板、これが効を奏しているのですよ。

 

 

噛んだときに、心地よくカリッと割れる音。

そしてそこからくる振動が歯から脳に伝わって、これが実に気持ちいい。

さらにその音も官能的で、噛むたびに恍惚の表情を浮かべてしまうくらいに、危うい中年オヤジの赤裸々な午後という感じなんです。(誰も見たくないでしょうが)

味わいそのものは通常のダークチョコとそうまで変わらない気がしますが、しかしながらもう一度食べたい、いやもう一度噛んでみたい、いやいや何度でも噛ませてプリーズ!」となるまでかみかみ中毒にさせてしまう危険な魅力は、なかなかほかのチョコレートには見当たらないというのが、このリンツのチョコの隠された真実だと思いますね。

 

まとめ

 

如何でしたか?

久しぶりにリンツのチョコをレビューしてみましたが、なかなか癖になる味で、これは自信をもってチョコ好きの皆様にお勧めできる一品だと思います。

ヨーロッパはチョコレートの本場ですので、やはりその歴史とか、そこから生み出される深みのある味わいには格別のものがありますね。

今回のチョコもコーヒーと合う感じで、それもブラックが良いでしょう。

喩えて言うなら、苦味の奥に隠されている密やかな甘味が意外な隠し味となって舌の粘膜に潜り込み、コーヒーの分子とほどよく結合して極上の旨味成分を引き出す、といえば言いすぎでしょうか?
さらに言うなら、このチョコレートに合うのは間違いなくバニラ入りのコーヒー。

本能を、そして官能すらも刺激するエクセレンスチョコには、砂糖抜き、ミルク抜きのバニラ入りブラックコーヒーが、その本領を発揮させる最上のドリンクと思うのですが・・
そんなバーでもカフェでも、もってこいの極上ビターチョコレートで年末年始を「カリッ!」と過ごせれば幸いです。

リンツ『エクセレンス』シリーズ

 

おススメ記事

リンツのリンドールは意外な大物チョコレートだった!

スイスの『カーギ』ミルクバーは口どけ感がハンパない!!

カーラの「フィノデアロマ」のダークチョコで大人の味を堪能する!