チョコレートそれは禁断の果実の名前

チョコレートの実食レビューです。ときどきほかの食材をつまみ食いしたりしてます。

スポンサーリンク


神戸フランツ「魔法のショコラスク」はビターなカカオの美味しさが絶妙!

スポンサーリンク


神戸に本拠を持つスイーツショップのショコラスクです。

 

 

神戸フランツといえば、チョコレートがメインというよりも、プリンや苺トリュフが売りというイメージがありますが、ホームページを見てみると、工具チョコやアソート、ザッハなど美味しそうなチョコが充実しているではないですか!

特にバレンタイン特集でも取り上げた(というか一番食べたいと思った)工具チョコレートが最高に面白そうで、これはぜひ部屋のオブジェに飾っておきたいと思わせる機能美に溢れていると思います。

今日取り上げるショコラスクは、工具チョコに比べると見た目こそ派手さはありませんが、味わいは逆になかなかのもの。

神戸に遊びに行った友人が、私がスイーツ好きということを知ってか知らずか、おみやげに買ってきてくれた品なのですが、最初の想像とは違う美味さに舌を巻いてしまいました。

そんな神戸フランツの「魔法のショコラスク」のレビューを紹介しましょう!

 

「魔法のショコラスク」実食タイム!

 

赤い小箱に黒字の碇マークは、まさに神戸フランツのトレードマークそのものです。 

箱の造りは案外しっかりしていて、チョコレートを食べた後でも何かの入れ物に使えそうな堅実さがありますね。(シューズボックスのような)

 

 

ミラーカラーのパッケージに包まれたショコラスクが6個。

 

 

 

パッケージを開けてラスクを取り出します。

 

 

うん、香りがかなり強めですね。

カカオマスの濃い香りがぷうんと。

正直、この香りは想定していませんでしたし、ラスクそのものの固さも想像以上です。

イメージ的には、チョコケーキのような柔らかい形状だったのですが、ラスクなので固さがあるのは当然ですね。

 

 

 

コーティングしたチョコの味付けもなかなか絶妙で、ビターな中にうっすら甘味のある風味が口の中でぶわっと広がります。

 

 

嚙んでみると、ファーストインパクトが「カリッ」として衝撃的。

歯ごたえというのでしょうか、カリッという音でラスクが顔を出しますし、 カカオ強めの濃さが意外に大人の味わいです。
神戸フランツいえば、観光地のおみやげ的な雰囲気のお店というイメージがあってか、味の方は全く期待していなかったのですが・・・

「軽くて薄い味なんだろうな」と。

ところがです。

意外に歯ごたえがあって、カカオの風味も濃い目だけどパンチ力があり、何よりも脳に響く快感が心地よかったんですよ。

ラスク独特のイースト菌を含んだ香りが、ビターカカオの風味とともに後味として残っていくようで美味いですし、カリカリとした噛み応えによって旨みが増していくようで、なにかこう、想像していたものよりもはるかに上質な味わいと食感というか・・

正直、美味しいです。

一個と言わず、食べると次から次へ欲しくなる不思議な魅力があります。

ショコラスクでこのレベルなら、他の本格的なチョコレートシリーズはもっとイケてるんじゃないかなと。

期待していなかっただけあって、嬉しい誤算ですね。

 

まとめ

 

魔法のショコラスク、なかなかのものでした。

見た目の普通さと違って、食感とカカオの濃さが絶妙というか。

神戸フランツのチョコレートはまったくイメージが湧かなかったので、こうなると他のチョコレート系スイーツの美味しさはかなり期待して良いのではと。

たとえば、生チョコザッハなんてかなり美味いんじゃないかなあと。

 

 

ザッハトルテというのは、オーストリアの伝統的なチョコレートケーキで、バターケーキを生地にしてチョコレート入りの糖衣で固めた作り方をしているので、相当に濃くて食べごたえのある味わいが期待できます。

ショコラスクの味わいをもってすれば、生チョコザッハもかなり濃い~風味で私の舌を満足せしめてくれそうな気がしますね。

これはぜひとも一度賞味する必要がありそうです^^

神戸の異国浪漫スイーツを貴方にお届け【神戸フランツ】

 

 

おススメ記事

神戸フランツ「魔法の壺プリン」のとろけるようなクリーム風味に身も心も・・・

ロイズと赤城乳業がコラボ!「ロイズアイスデザート」チョコレートバー!

Letao(ルタオ)のプチショコラ「マカデミアナッツ」の口どけに狂喜する!