美味しいチョコレートとお茶を楽しむブログ

チョコレートとかスイーツとかお茶をじっくりとまったりと味わうブログです


スポンサーリンク

【ファミリア・ケーニヒスクローネ】ご出産祝いに「オルゴールドッグ」と「くまポチマカデミアナッツ」を贈りました


スポンサーリンク

友人ご夫婦に赤ちゃんが生まれました。

それも女の子ということで、かなりメロメロの様子^^

それはめでたや!ということで、早速出産祝いを贈ることにしました。

何にしようかなと考えていたところ、ちょうどいまNHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」でファミリアのことが取り上げられていることを思い出し、どうせなら本店で買おうじゃないかと。

ついでに昔行ったことのあるケーニスクローネの喫茶店も寄りたいと思い、休みの日に神戸にあるショップに行ってきました。

  

まずはファミリア本店から

 

場所はJR元町駅から南に歩いて5分ほどの距離にある商店街の中。(センター街ともいうようです)

入ってしばらく西に向かって歩くと、すぐに見つかりました。

 

 

「おお、これがあの有名なファミリアか」

朝ドラは見ないので詳しくは知りませんが、職場で色々と話を聞いているので、ちょっとした観光場所に来た気分です。

 

正面エントランス。ロゴのクマが飾られてます

 

広々として清潔感溢れるインテリア。

 

 

店員さんにお聞きし、どんなものが良いのか相談しながら決めることにしました。

最初は赤ちゃん用のパジャマや前掛けを考えていましたが、人によって色合いやデザインの好き好きがありますし、何よりお母さんがご自分で買いそろえているだろうしな、と迷っていたところ、

「それでしたら、おもちゃは如何ですか?」

と店員さんに提案され、おススメされたのがこちら。

 

 

オルゴールつきの親子犬ぬいぐるみ。

紐を引っ張るとオルゴールの音が鳴りだす仕組みで、なかなかの人気商品なのだそうです。

 

 

おお、これはいい!これにしますよ!これいっちょう!と立て続けに賛成すると、早速そのまま包んでもらいました。

その前に支払いの手続きがあるので、少しお待ちくださいとのことで、その間にテーブルに座って目の前の親子犬ぬいぐるみと店内を撮影。

 

この二匹を

 

こう引っ張ると音が出ます

 

ひもは外すこともできるようで、ぬいぐるみとしてもお子さんが遊ぶこともできるとか。

赤ちゃん用に作られた素材なので非常に滑らかで優しい肌触りです。

その後に軽く店内を撮影。

 

 

 

 

ほかにもエントランス付近にファミリアの創業からの歴史が説明されたブースもありました。

しかし予想していたよりも観光的な要素は店内にほとんどなく、むしろ普通の上品なベビー用品ショップという感じでしたね。

店内も物見遊山で訪れているような騒々しいお客さんは一人もおらず、ゆったりと商品を見ることができる雰囲気がファミリアの「こだわり」を感じさせてくれます。

(さすがはファミリア。一流の店に一流の客か)

そう思えば完全に場違いの自分は先ほどからパシャパシャと遠慮なく写真を撮りまくってますから、これは完全に下品な一見客のレベルですね(涙)

とはいえ、店員さんに撮影の許可を願い出ると快く了解してくれましたし、写真を撮っていても他の店員さんも別段気に留める風ではなかったので、それなりにテレビドラマを見て来られる人も多いのでしょう。

しばらくして対応してくれていた店員さんが戻ってきたので、相手先への配送をお願いし、メッセージカードもつけてもらって、支払いを済ませました。

全てが終わって店を出ようとすると、店員さんは「ありがとうございました」と丁寧に頭を下げて私が店を出るまで見送ってくれました。

さすがはファミリア。お客様ファーストです。

 

去り際のファミリア。何気にあのデカいぬいぐるみに乗ってみたい

 

 

 

そして帰りにケーニヒスクローネへ

 

神戸といえばケーニヒスクローネ!というのかどうかは分かりませんが(笑)、だいぶん前に一度三宮に来たときに地元に住んでいた友人とケーニヒスクローネ直営の喫茶店に入ったことがあったんですよ。

初めてでしたが、なかなか雰囲気の良いカフェで、デザートもなかなか美味しかったので、また神戸に来たら寄りたいなと思ってました。

そこでファミリアに来た今回のチャンスを生かして、帰りぎわに寄ろうとその店の前に行こうとしたところ、その途中で予想外の建物を発見!

 

たびねす - トラベルjpより

 

 写真は思い切り撮り忘れていたので借り物ですいません。

しかしかなり洋風というか、ドイツの昔の宿のような外観で、かなりオシャレで目を引きます。

さらに驚いたのが、ここがケーニヒスクローネ直営のホテルだということ。

www.hkk-kobe.jp

中に入って確認して見ましたが、こじんまりながらもすごくいい感じですね。

場所も思い切り神戸のど真ん中、三ノ宮の中心地にあるので、どこへ行くのにもアクセス抜群なのだとか。

これはぜひ一度泊まってみたいところです。

何より、一階に併設されているカフェテリアにすごく雰囲気がありましてな。

奥に見える、洋菓子のショーケースからデザートを取り出せるっぽい感じが、すごくスイーツ脳をそそられました。

「おーすごいなー」と見とれながら、カフェコーナーを横目に隣接のお土産屋さんへ。

そこでいいものを発見しました。

チョコレートですが、クマの形をしたやつです。

 

 

一目で気に入って、

「これもちょっとしたお祝いの品として贈るのもいいんじゃないだろうか」

と思い、すぐに2箱買うことに決めて、一つを友人用に、そしてもう一つを自分用にすることにしました。

しかしよく考えたらすでにファミリアの商品は発送をお願いしてきたので、一緒に贈ることはできません。なので別途エクスパックで送ることにします。

この後、店を出て目的のカフェを探しますが、なんとそこはコンビニになっていて、すでにかつての面影はありませんでした。

あとで調べたところ、先に立ち寄ったケーニヒスホテル併設のカフェと統合したのだとか。

なるほどなと。

そういうことなら、さっきお茶してればよかったじゃないか・・と思いながらも、また来た道を戻るのも面倒なので、仕方なくその日は電車に乗って帰路につきました。

 

ということで

 

ここでチョコレートレビューといきたいと思います。

ケーニヒスクローネ自慢のくまポチチョコレートのお味はいかに?

 

チョコレートレビュー開始

  

 

まるで本のようです。

このデザインに魅かれたのもあります。

 

 

くまポチ邸というのか?

このチョコは?

 

 

違うようです。

 

5個入り

 

くまポチです

 

ミルクチョコくま

 

マカデミアナッツがぎっしり!

 

抹茶チョコくま

 

同じくびっしり!

 

大ぶりのマカダミアだ

 

こちらも同じく

 

さて味わいですが、まずミルクチョコは、甘さめちゃくちゃ控えめです。

ナッツの食感がとても大きくて、非常にあっさり味。

何よりも良いのが、 ナッツの香りが後味で口の奥でふわっと広がって心地よいところ。

ナッツも固すぎず、柔らかすぎずで、とても食べやすいですね。

抹茶チョコは、抹茶の香りがいきなりきます。

ナッツのサクサクした食感は変わらずでしょうか。

抹茶がすごく強いですね。

でも最後にくるナッツのかぐわしい香りは、ミルクチョコと同じく「ふわっ」と広がります。

甘さ控えめで香り豊かな上品なチョコ

これなら友人夫婦にも喜んでもらえそうだ!

 

まとめ 

初めて行ったファミリアでしたが、かなり上品で静かな雰囲気で意外な感じがしました。

テレビドラマの舞台になっているのだから、もっと観光観光してるのかと思いましたが・・

逆にあの空気感がファミリアのプライドを示しているのかもしれませんね。

そして帰りに寄ったケーニヒスクローネ。

あのホテルは本当に一度は泊まりたいですね。

そして下のフロアの喫茶でデザートを死ぬほど食べてみたいかと。

確か一泊朝食付きで2階にあるカフェでスイーツも食べられると聞きましたが・・

ホテルケーニヒスクローネ神戸 - hotel-konigs-krone-kobe -

もしそうならかなり涎ものです。

贈り物ですが、本当にちょっとしたことしかできないので、アップするのもどうしようかと思ったんですが、話題になっているファミリアの空気感も伝えたかったですし、チョコレートの意外なあっさり旨さ感も良かったので、ええいっ!と記事にしてみました。

少しでも喜んでもらえたら嬉しいですね。

赤ちゃんの健やかな成長を願ってます。

 

「ケーニヒスクローネ」カテゴリ

chocoreview.hatenablog.com

chocoreview.hatenablog.com