チョコレートそれは禁断の果実の名前

チョコレートやスイーツのレビューブログです。体にいい食べ物・飲み物、健康情報も紹介していきます

スポンサーリンク


暑い季節はミントで体を冷やせ!不二家「LOOKチョコミントダブル」

スポンサーリンク


いよいよ梅雨に突入しましたね。

ムシムシと暑くてじめじめした季節が今年も到来!

毎年のことなんですが、夏に入る前のこの時期は一年で一番嫌ですね~^^;

暑いだけで嫌になるのに、雨がじとじと降って気分も滅入ることこの上なし。

まだ快晴だと気分も盛り上がるのですがね。

そんなモイスチャーなこの時期に気分がもりもり盛り上がるチョコがこちら。

 

 

Oh!ミントチョコ!

ミントは古くから親しまれてきたハーブ(薬草)の一種で、その利用範囲は料理からエッセンシャルオイル、伝統医療まで広がる「実生活に役立つ葉っぱ」なんですよ。

特に「清涼、解熱、発汗、健胃」の効能があるので、暑くなり始めのこの時期、気分を一新するにはチョコにべストチョイスなアイテムなんじゃじゃないですか?(by wikipedia「ミント」)

そんなヘルシーなミントを使ったチョコレートを、最近めきめきと頭角を現してきたルックチョコシリーズで味わうのもこれまた一興!

それでは早速ご紹介といきましょう!

 

実食スタート!

 

まずはちゃんとミントが入ってるかどうかをご確認。

 

 

ミントソースという形で入ってますね。

いい響きです。ミントソース。なんだかフランス料理に出てきそうな感じで。

 

 

開けてみると、これまた爽やかなミントの香りがふわーっと漂ってくるではないですか。

さすがは西洋一の気分盛り上げ屋「ミンティ大帝」。

そしてさらにパッケージを開けてみると・・・

 

 

出ましたミンティ。

ルックお得意のミニブロック整列配置です。

いかにも小ぶりですが、前回の乳酸菌のときにその威力をさんざぱら味わってるので、今回も油断はできません。

ではひとつまみ。

 

 

おおー

さすがに普通のルックチョコですね。

しかし香りは相変わらずクリアランスだ。(意味がちょっと違うか)

では中身を拝見っと。

 

 

んっ?

中から透明な液が出てきましたね?

てっきりミントというから、ミント色のクリアグリーンが出てくるのかと思ったら、これはいったいなんでしょう?

これはひょっとしてミントではないのでは・・

そう思ってカスタマーセンターの番号を押そうとしながら、ひとつまみ口の中に放り投げた瞬間・・・・

 

 

 

むむむむうううううんっ!

 

 

いきなり来ました鮮烈タイム。

鼻に抜ける一陣の冷たい北極の風がぶうんっと。

これはかなりの手練れです。

まじりっけなしリアルファイトのミントテイストが鼻と口を猛烈に攻撃してきてます。

いままでミントに抱いていた「爽やかだけど、ほんのりすっきりしてとっても美味しいマイルドミント♡」的なガーリーなイメージを覆して「俺はミントだ!俺のこの刺激を味わえミント!!」ぐらいのアグレッシブな攻撃力をビンビンに感じます。

むしろこれはミントというより

 

ハッカ

 

という漢方的表現のほうがピッタリくる正統派な薬効刺激じゃあないですか?

とにかくスーッときてパァーッと口の中で温度を一気に下げてくれました。

「はあっ、はあっ」

と息を荒げながら、プッシュしかけたカスタマーセンターの番号をストップして、静かに息を整えましたよ。

これは本気です。

不二家は本気でチョコレート界に勝負を仕掛けにきている。

そう直感的に気づきました。

なぜならこの前の乳酸菌のあたりから、チョコレートにかける本気度が他のメーカーと段違いに異なると実感したからです。

「そうと決まれば話は早い」

私は改めて立ち上がり、洗面所に行って手と口をそそぐと、台所の神様にぽんぽんと柏手を打ってお辞儀をし、再びチョコミントの前に戻ってきて正座で再び実食に臨むことにしました。

「ではいこう。新たなる味覚の旅立ちに向かって」

ゆっくりと残りのチョコミントに指を伸ばすと、ひとつまみ取りました。

「いただきます」

がじり、と静かに噛むとそこには・・・

 

あれ?

  

意外にも普通のミントチョコの味。

先ほどの鮮烈なハッカの香りと異なるマイルドなクリーム系のミントの味わいがまったりと口の中を席巻しつつあるではないですか。

 

 

「これはごくごく一般的な・・」

くちゃくちゃと味わいながら、ノーマルなチョコミントもそんなに悪くないぜと思い、最後まで実食を完了したというわけでございます。 

 

まとめ

 

上のレビューだけを読むと「で、実際の味ってどんなんだったの?」と叱責を受けそうなんですが(笑)、まとめてみますと「透明なソースのほうが鮮烈なハッカの味わい」で「クリーム系のミントソースはマイルドな普通のミントクリームの味わい」になりますね。

味わい自体はまずまず美味しいです。

チョコレートもほんのりビターなので、中のクリームのバランスがとれてますし。

透明ソースはたぶんミントそのものだけを入れたのだと思うので、かなりスーッとしますが、それが好きな人は、かなりチョコレートの風味と合わさっていい感じで楽しめるのでは?

個人的にはこういう鮮烈な味わいは好きなので、圧倒的に透明ソース派ですね。

もう一つのマイルドミントもそれなりにスーッとするので、マイルドな爽やかさが好きな人にはお勧めですよ。

全体的にかなり力の入った企画系チョコだと思うので、買って損はしないと思います。

小さいながらもパワーがあって、最近のルックシリーズは、どれもかなりお勧めです^^

 

おすすめ記事 

植物性乳酸菌でさらにヘルシーに!不二家「ルックプラス 乳酸菌アーモンド」

ヒントミント「アイロニーブラックラベル・チョコレートミント」のハーブな甘さを実食!

小枝チョコミント味で夏を先取りする!