チョコレートそれは禁断の果実の名前

チョコレートやスイーツのレビューブログです。

スポンサーリンク


高カカオポリフェノールで男女の美肌を守れ!『明治チョコレート効果カカオ86%』実食レビュー!

スポンサーリンク


いきなり美肌です。美肌アピールです。

高カカオポリフェノールには抗酸化作用がすごくあるから、もう誰が何と言おうとお肌が美しくなるんです!!

 

などと

 

気持ちの悪い序文でお目を汚してしまって大変申し訳なく。

それもそのはず、いい年こいたおっさんが「美肌美肌」とわめいておりますから、これは尋常じゃありません。読む人を選びまくりですよ。

でもですね、ポリフェノールには確かに美肌効果があるんですよ。

なにせ天下の明治様が公式ウェブページで

「カカオポリフェノールは、肌老化の原因のひとつである「活性酸素」が引き起こすトラブルを防ぐことが確かめられています。」

5分で分かる効果 カカオポリフェノール・カカオプロテイン | みんなの健康チョコライフ

と断言されているのですから、これは誰が何と言おうと「お肌ぷりぷり」の予感がするというものなんです。

いえいえ、問題はそこじゃなくて、この文章を書いてるこの私めが「美肌」を連発してることがおかしいということも重々承知しております。

しかし実は「美肌」とまではいきませんが、けっこう張りのあるガッツリ肌をしてるのも事実なんですよ。

おっさん特有の肌荒れもないし、髭剃り負けした後以外の顔の肌は、するっとスムージーでして。

これも日ごろから食生活に気を使ってるからではないかと思うところがあります。

若い頃から健康マニアといいますか、定期的に運動したり食べるものを選んだりしてきた生活を飽きもせずに続けてきたせいか、中年に達した今でもなんとか体調は維持できてますし、大病を患ったりもないんです。

最近はさすがに腹の周りが軽くタプってきたので、この半年くらいは特に健康食品を気にかけて取るようにしてきてますがね。

例を挙げると、食物繊維やたんぱく質、ビタミンをとるために低脂肪乳豆乳オールブランにかけて食べるとか、動脈硬化を予防するために粉末緑茶を毎日がぶ飲みするとか、痛風が気になるのでアンセリン入りの野菜ジュースを飲んで尿酸とビタミンをコントロールするとか、などなどです。

とにかくそんな感じでですな、美肌効果は言い過ぎにしても、日々、健康と体調に気を使って過ごしておるわけですよ。

そんなノリで取り上げるのが、今日のメインテーマである「高カカオポリフェノール配合チョコレート効果」

このチョコレートは、先ほどの健康食材と同じく、日々のストレス解消の一環として、ほぼほぼ毎日食べています。

そしてこのチョコレート効果シリーズを食べると、

どんっ!

とばかりに勢いよく大の便が通じてくれるので、これはもう、たいそう重宝してるのですよ。

ほかにも「グリコのギャバ」も、同じレベルで体をすっきりさせてくれますね。

それくらい、食べ過ぎても苦にならないし、カロリーも気にならない、体の中をクリアにしてくれるイメージがあります、どちらも。

というわけで、そろそろ実食にいきましょう。

健康と美肌を求めて、いざカカオポリフェノールの海原へ!!

  

86%実食開始

 

これまでチョコレート効果シリーズは、企画もの、スタンダードものを問わず、それぞれ95%、72%が配合されたタイプを食べてきました。

chocoreview.hatenablog.com

chocoreview.hatenablog.com

そんな中で、なぜ86%をあえて外していたか?という理由は以前にも軽く触れましたが、ここで改めて言うと「一番濃い味と一番薄い味を味わえば、真ん中は推して知るべしなので、あえて食す必要なし」というところです。

いや、まったくその通りなのですが、しかしそれではチョコレート効果を全国制覇したとは到底言い難し。

そんな思いが常々あって、長らく私のチョコレート本能の奥のほうにカカオ小骨が刺さり続けた感覚がここ一年くらいずっとちくちくちくちく続いていたのですよ(かなりオーバーな表現にしてます)

なのでそろそろ食べたるかっ!

とばかりに、先日近所のスーパーで奪うように買ってきたのがこちらです(奪ってませんよ!)

 

 

 

街のコンビニやスーパーで見かける、ご存知のタイプ。

チョコレート効果シリーズ定番3兄弟の次男といえる存在で、この兄弟は実は上から順番に「長兄:明治九十五郎」「次兄:明治八十六之進」「末弟:明治七十二太郎」の名前を持っているんですよ(冗談です)

この中で長兄の九十五郎と末弟の七十二太郎とは、すでにともに酒を酌み交わして、互いのことを勝手知ったる仲になっているのですが、次兄の八十六之進だけは、なぜかタイミングが合わずに話をする機会を得れなかったのです。

そこで今回はやつの寝込みを急襲して、身柄を拘束し、その全容を世間の皆様の前に赤裸々に晒してやろうという実にいやらしい試みを練りに練ってここまできたのでございます。

ではいくでござるよ!

 

背を見せいっ!

 

服を脱げいっ!

 

中身を出せいっ!

 

もっと中身じゃ!

 

ほほう。

いや実にいい色をしておるではないか、おぬし。

なかなか褐色の肌で健康的で美味しそうではあるぞ。

喜べ八十六之進、殿はぬしを気に入ったようぞ!

 

いやん、ばかん

 

なんて、ふざけて書いてきましたが、そろそろこのへんでリアルな実食レビューにいっときましょう。

まずですね、見た目や中身は、他のスタンダードシリーズと変わらず、スマートでシュッとして表面ツルツルしてます。

割るとパキッと音がするところも素直でいいですね。

そしてその味ですが・・・

 

まずまずの苦さ

 

と、いったところでしょうか。

口入れて甘噛みしたときは、想像していたほどの苦さはなく、むしろ甘く感じる。

しかし二度噛みすると、その様相は一変し、いきなりズガン!と苦みが広がって、さきほどまで感じていた甘みが遠ざかる・・・こんな感じでしょうか?

口の中で溶け切った後の風味は、意外にも甘さが再び戻ってくる感じで、舌に残る苦みと合わさって、なかなか摩訶不思議な美味しさを味合わせてくれました。

相対的な評価でいいますと、

 

95%⇒9割、いや、ほぼ10割近くがビター

86%⇒7割ビター、残り3割が甘みで、最後1割が「フローラルな香り」

72%⇒6割ビター、残り2割ずつが、それぞれ「甘み」と「フローラルな香り」

 

という結果になりましょうか。

こうやってみてみると、やはりとびぬけてカカオ臭が強烈なのが、地獄のカカオ王「95%」ですな。

これはもはやチョコレートとは言えず、ほぼほぼ薬扱いで間違いありませんよマスター、というぐらいダークサイドなテイストを提供してくれた逸材でした。

それを除けば、ほかの72%や86%は、少し苦めで甘さかなり控えめなチョコレートという想定内の味わいで食べられるので、ビターなテイストが嫌いでない人は、むしろ美味しく感じるくらいでしょう。

特に今回の86%は想像していたよりも苦くなく、72%とそれほど変わらない感覚で楽しめる風味になっていると私は感じましたね。

カカオポリフェノールの薬味と美味しさが、ギリギリのポイントでバランスを取っている86%はなかなかおススメですぜ。

 

まとめ

 

こんな感じで、ようやく今回でチョコレート効果スタンダードシリーズの実食を完遂することができました。

序盤からかなりふざけた文体で、少々お見苦し点もあったでしょうが、最後はなんとかレビューブログの体を成しえたということで、ご容赦くださると嬉しゅうござりまする。

このチョコ効果は人気商品のようですので、今後も新しいシリーズが生まれてくると思います。

次にぜひ期待したいしたいのが「チョコレート効果カカオ120%」。

もはやチョコレートとはいえず、カカオマスそのものをぶちこんだアフリカ大陸フルスロットな味わいになりそうですので、これはこれであえて食したいという気にめちゃさせてくれますね。

どうか明治さん、一度企画会議にかけてくださることをマニアとして希望しますよ。

 

おすすめ記事

chocoreview.hatenablog.com