美味しいチョコレートとお茶を楽しむブログ

チョコレートとかスイーツとかお茶をじっくりとまったりと味わうブログです


スポンサーリンク

スティックチョコレート「トリアンテ」のラッテマキアート味にあのカンフースターが!【オランダチョコレート】


スポンサーリンク

オランダのチョコレートの紹介です。

このブログができておよそ一年半経ちますが、海外のものは多く取り上げてきたとはいえ、オランダのチョコは今回が初めてではないでしょうか?

オランダといえば出島貿易とかチューリップに代表されるくらいに日本と関わり深い国。

最近ではワールドカップのサッカーでよく見るようになったオランダのナショナルチームのオレンジのユニフォームが何気に美しかったですね。

そんなオレンジの国、オランダのからやってきたチョコレートを今日は紹介したいと思います。

 

トリアンテ スティックチョコレート「ラッテマキアート」の紹介

 

某輸入食料品店で見つけたスティック型チョコレートです。

 

 

この形状のチョコは森永小枝やチェコのカーレッティでもお馴染みですが、見た目がオシャレだったので、すぐに目を魅かれました。

 

 

ラッテマキアートというのは、温かいミルクと泡立てたミルクをカップに注ぎ、その上からエスプレッソを注いだコーヒーのことです。

スティックチョコなので、おそらくコーティング部分にラッテマキアートのソースがかかっていると思うのですが。

 

 

おお~。

なんだか金太飴のほそ~いバージョンに見えますね。

 

 

実際の大きさはこんな感じ。

 

 

 これがスティックです。

 

 

香りはコーヒーとミルクの少し酸味がかかった匂いがします。

冷蔵庫で冷やしていたので、カリッと歯ごたえもよく、口の中に入ると、甘いミルクの風味が広がった後に、チョコレートのしっかりした風味が追いつく感じです。

見た目ほどには味わいは濃くなく、むしろまろやかな甘さが目立ちますね。

エスプレッソの要素は香りにあるのでしょうか。

味わいそのものは、むしろミルクチョコのマイルド感が全体を支配している感じがします。

かなり甘みがあるので、これ一本で紅茶の半分くらいは一気に飲めそうな気もしますよ。

ヨーロッパのチョコはだいたいが日本のよにも甘いのですが、これもまさにそんな一つ。

こういうチョコには何も入れない「どストレート」のダージリンティーが最もお似合いです。

グビリと飲んでポキリといっときましょう^^

 

ブルース・リー、登場する!

 

レビューを終えた後、ふと何気にチョコを眺めていると「あること」を想像してしまいました。

 

 

それは・・・

 

 箸。

 

 

それも2人前です。

 

 

う~む、何かが足りない。

 

これはどうでしょう? 

 

  

 

いやいや、意味不明だけどね・・と頭を振ってると、横から「おい、あんた」という声が聞こえました。

えっ?えっ?と周りを見てみますが、誰もいません。

なんだ気のせいか・・と顔を戻そうとしたところ、「ここだよ、ここ」という声がして、目の前にあるチョコの箱を見たのです。

そこには・・・

 

ブルース・リー!

 

 

 

「久しぶり」

 

 

なんとあのブルース・リーがここに!

確か今年の春のズーロジーの回でも特別出演してもらって以来のはず! 

 

「ちょうどトレーニング中だったから、ちょうどよかった。そのチョコで続きをするから見ててよ」

 

そういうや否や、ブルースはひらりと床に着地すると、茶碗の前でファイティングポーズを決めました。

 

 

「ウォオオアチョー――ッ!!」

 

そう絶叫してブルースは目の前のステッィクチョコを掴み、チョコブリッジの上を渡り始めました。

 

ウァリャーッ!

 

 

フォーッ!

 

 

アアアリャーッ!

 

 

ウァアアリャーッ!

 

 

おおお。すごい、すごい。

 

「今のはほんの序の口さ」

 

 

 

ほう、それは楽しみな。

次はどんなトレーニングを見せてくれるんですか? 

 

 「あんたが目を疑うようなやつさ。じゃいくぜ!」

  

ウァアアアッリャーッ!

 

 

おおお!

今度は下からチョコを掴んで渡るというのか!

 

ウォオオチョーッ!

 

 

おおっ!足をからませている!

 

アアアアタアー――ッ!

 

 

このままいけばゴールだぞ!

 

 

えっ?

 

こっ、これは、ひょっとして・・

 

REPLAY

 

 

 

ブルースさん、これは失敗というやつですか?

 

「・・・・考えるんじゃない。感じるんだ」 

 

 

 

チャンチャン!

 

ブルース・リー”魂”のプロフィール

1940年生まれの香港出身のカンフースター、ブルース・リーの闘魂を受け継いだミニチュア俳優兼格闘家。

主にチョコレート・レーベル系のアクション作品に出演している。

主演作:

「チョコレート危機一髪」

「チョコレート怒りのカカオ拳」

「チョコレートへの道」

「燃えよチョコレート鎮魂」

「チョコレートお子様遊戯」など。

テーマソングはグループ魂の「竹内力」。

 

 

 まとめ

スティックチョコレートの味よりも、最後のミニチュア遊戯のほうがインパクトが強かった感がありますが(笑)

まあこのあたりは私の個人的趣味で書いたので、適当に読み流して頂ければ幸いです^^;

チョコレートは思ったよりも、あっさりした味で驚きましたね。

甘いのは甘いけど、それほど「くどくない」といいいますか。

やはりこれはエスプレッソの威力が大というやつですね。

このスティックチョコはほかにもシリーズがありますので、また購入する機会があればレビューしたいと思います。

そのときはブルースも・・・いや、それはまたの機会にしましょう^^;

 

おすすめ記事

【グリコ】ギャバ(GABA)のビター味とミルク味はどちらが美味いのか?【比較レビュー】

【Zoology(ズーロジー)】動物チョコレート「マウンテンゴリラ」をゲットしたので、さっそく遊んでみました

東西の人気チョコレートプロレス対決!「小枝」vs「ミントスティックチョコ」!【森永製菓・カーレッティ】

人気チョコレート対決!きのこ・たけのこ戦争に終止符を打つか?!