チョコレートとコーヒーを美味しく味わうブログ

チョコレートおやつ、コーヒーやお茶の実食・実飲レビューです

【森永製菓 シールド乳酸菌チョコレート】乳酸菌チョコで風邪インフルエンザ対策を!

スポンサーリンク

乳酸菌が100億個もちりばめられた胃腸にとって夢のようなチョコレート「たべるシールド乳酸菌チョコレート」です。

最近は乳酸菌入りのチョコレートがよく出回ってますが、乳製品メーカ―さんの発売するチョコレートは特に乳酸菌期待値が高くなりますね。

 

シールド乳酸菌とは?

 

菓子のタイトルが「シールド乳酸菌」となってますが、普通の乳酸菌と違うの?と疑問に思ったので、公式サイトで調べてみました。

www.morinagamilk.co.jp

 

・シールド乳酸菌は「免疫力を高める」をキーワードに、森永乳業が保有する数千株の中から選ばれた乳酸菌です。

・シールド乳酸菌は、盾(シールド)のように外部からの敵を防御することをイメージして、森永乳業が名づけました。

・シールド乳酸菌を摂取させたマウスによる試験で、インフルエンザ感染の症状が軽減されることを確認しました。

 

などとなっているよう。

胃腸を整えるのが乳酸菌の仕事だと思っていたら、インフルエンザにも効果があったとは・・・これは自分にとって驚きの新事実ですね!

ちょっくら実食レビューを行っていきましょう!

 

実食レビュー開始!

 

 

マイルドカカオ味。

乳酸菌粉末が100億個の輝きというやつですね。

 

 

香りは結構ビターです。

 

 

四角いさいころのような形。

 

 

噛んだ感じは固すぎず柔らかすぎずで、程よい食感です。

 

 

マイルドだけど、しっかりしたカカオマスの風味が味わえるので、チョコレートとしても十分に美味しいレベルです。

 

乳酸菌で風邪は治るのか?

 

乳酸菌というとヨーグルトのサワーな風味がイメージできますが、あれはあくまで乳製品を発酵したことで得られる味わいで、乳酸菌そのものの風味ではないと思っているのですが、そのへんはどうなんでしょうかね?

免疫力を高めるという意味で体の中の細胞や粘膜に良い効果をもたらすのか、それとも乳酸菌が「打倒!インフルエンザ!」の旗印を掲げて体中の細胞で激しい死闘を繰り広げるというのか・・

そんな謎にも上の公式サイトは丁寧に回答を答えてくれています。

 

・胃酸による殺菌作用や、腸内のビフィズス菌がつくりだす乳酸や酢酸の作用、本来備わっている免疫力によって「食中毒菌の繁殖を抑える」という防御機能が働く。

・免疫力を発揮するために働く細胞が「免疫細胞」で、免疫細胞にはたくさんの種類があり、「外敵を見つける」「外敵を攻撃する」等の役割をそれぞれが持っている。
・近年、菌の構成成分が免疫細胞の受容体で認識されることが発見され、菌がヒトの免疫機能に大きな影響を与えることがわかってきた

・乳酸菌は体内の免疫細胞にはたらきかけることで、免疫機能を調節すると言われている。

・一部の乳酸菌では、インフルエンザウイルスなどの感染に対して防御作用を示すことや、アレルギーの症状を軽減することなど、免疫機能を調節することが報告されています。
・近年の報告では、一部の乳酸菌には殺菌された菌体であっても感染の防御効果が認められています。

(上記公式サイトを参照)

 

細胞に菌を受け入れる機能が働いているんですね~

胃腸だけでなく細胞の免疫全体に良い効果を発揮してくれるという、実に心強い体の味方。

これから寒くなる一方ですし、風邪やノロウィルス、インフルエンザ対策が美味しいチョコレートで予防できるのなら、いくらでも食べたいところですね^^

 

まとめ

 

如何だったでしょうか?

もっと軽い味わいを想像していたのですが、意外にしっかりした味わいだったので驚きました。 

やはり100億個のシールド乳酸菌が入っていますので、そのパワーはそんじょそこらのチョコレートが束になってかかったところで叶うわけがない!というわけなのでしょうか?

個人的にはこの冬はこのチョコを食べて寝るだけで、インフルエンザや風邪を美味しく吹き飛ばせたらと思っています^^