チョコレートとスイーツの実食ブログ

チョコレートを中心にスイーツや飲み物のレビュー、カカオの健康情報や、甘いものを食べた時の健康対策も取り上げていきます

スポンサーリンク

【フェレロ】イタリアチョコレート「ロシェ」実食!ヘーゼルナッツの歯触りをたっぷりと味わう!

スポンサーリンク

黄金色の神々しいパッケージデザインが高級感を醸し出す「ロシェ」です。

輸入食料品店に行けば大抵は置いているお馴染みのチョコで、香ばしいヘーゼルナッツ入りのプラリネ。

その風味と味わいは実に香ばしく、チョコの甘さもよく利いていて、いかにもイタリアの甘く食べごたえのあるスイーツという感じがして、普段から好んで食べているチョコの一つです。

そんな「ロシェ」とは一体どういうものか?

メーカーのフェレロともども、次の章で簡単に紹介しましょう。

  

フェレロ・ロシェについて

 

フェレロ

1946年に菓子職人ピエトロ・ロシェによって創業。

その後、二代目のミケーレ・フェレロによって、菓子ビジネスが急速に展開します。

初代ピエトロの弟、ジョヴァンニが構築した販売ネットワークと、ミケーレの商品開発力が結実、現在の多国籍企業、フェレロ財団にまで発展するのです。

フェレロ公式サイト

 

ロシェ

ヘーゼルナッツ入りのプラリネチョコです。

公式サイトによれば、

上品なチョコレートとクラッシュヘーゼルナッツに包まれた丸いウエハースの中に、厳選されたヘーゼルナッツ1粒と、ココアヘーゼルナッツクリームが入っておいしさ四重奏。サクッした食感と香ばしい味が楽しめる、大人の甘さのチョコレート菓子です。華やかな金色の包装はギフトやパーティにぴったりの逸品です。

となっていて、ヘーゼルナッツの活躍が期待できそうです。

ではいよいよ実食といきましょう!

 

ロシェの外観・栄養価を紹介

 

 12個入りのセットを購入しました。

 

 

2段重ねになっています。

 

 

蓋を開けるとバーン!な黄金色のロシェたちが!

 

 

上段と下段は薄いプラの板で仕切られています。

 

 

一個を取り出してみました。

 

 

封を開けようとしたら、下の包み紙に接着されているという・・・

 

 

全てのロシェがこのような感じだったので、何かの拍子で中身が出ないような工夫として付けられているのではないでしょうか?

ではその中身を見てみましょう。

 

 

おおお。

まるで岩石のような厳めしいナッツの出っ張りと、強く薫るヘーゼルの匂い。

香ばしい、それでいてオイリーな香りは、まさにヘーゼルナッツそのもののフレーバーです。

実際にヘーゼルナッツは原材料にしっかり入っています。

 

 

ヘーゼルナッツは非常に栄養効果が高く、不飽和脂肪酸、ビタミンEともアーモンド、ピーナッツの上を行く優れた健康効果の持ち主です。

その特性と栄養価の詳細はというと、

 

・カバノキ科・ハシバミ属

・別名「西洋ハシバミ」

・収穫期は8月末~9月で、主な生産国はトルコ

・不飽和脂肪酸のオレイン酸はアーモンドの1.6倍

・ビタミンEはピーナッツの1.7倍

①体の酸化予防

②血行の促進

③美肌 

【ヘーゼルナッツ】豊富なミネラル、オレイン酸でコレステロール値を下げて高血圧対策!より

 

他にも、

 

・高血圧を予防するカリウム

・貧血を予防する鉄分

・味覚・月経の正常化に関係のある亜鉛

・骨や歯を作るリン

【ヘーゼルナッツ】豊富なミネラル、オレイン酸でコレステロール値を下げて高血圧対策! より

  

が含まれていて、ミネラルのバランスが大変よいナッツ類であることが分かります。

ここにカカオポリフェノールの抗酸化作用が加わると、美容・健康によりパワーアップした栄養効果が期待できるのではないでしょうか?

ではいよいよその実食といきましょう!

 

ロシェ実食スタート!

 

 

ゴツゴツと岩のような風貌が美味しさを誘います。

先ほども言いましたが、ヘーゼルナッツ独特のオイリーな香りがgood!

そして一口噛むと・・

 

おや?

 

と。

意外な感触といいますか、外観のハードボイルドさと異なったソフティ感に、ほんのり戸惑います。

なんというか、見た目ほど豪快ではなくて、ウェハース生地のパリパリ系な薄めの歯触りといいますか・・

ただ、それで落胆するというのではまったくなく、そのあとに続く小粒ナッツのツブツブなこぎみの良い歯ごたえと、中のココアクリームの柔らかく甘~い味わいが広がる感じに「ウホッ!」と歓声を上げてしまいました。

 

 

なにより食感というのは、私が食べ物を口に入れる際に最も重視するフードファクターでありまして。これの相性が合うのとそうでないのとでは、たとえそれが至極の美味を誇っていたとしても、実力2分の一認定に堕ちてしまいますから。

その意味ではこのロシェのナッツ小刻み食感は十分に合格ラインに立っていると思います。

さて続きですが、風味は終始ヘーゼルナッツ特有の香り高さで、ちょっとオイリーさが目立つくらい。

基本的には甘さが目立ちますが、小粒ナッツの歯ごたえの良さが口に気持ち良い食感を施してくれるので、その甘さすら、ロックバンドにおけるサイドプレイのタンバリンのような「いなくても良さげな存在だけど、実際にいなかったら一抹の寂しさを感じる実は衝撃的に必要な音色」的な役割分担を得ているような気がして、味そのものよりもナッツの香りと食感を楽しむチョコレートという感じかな、という最初の印象とは違った、甘さとナッツの小刻み食感のコラボレーションこそが、ロシェの持つ魅力の最大のものなのです!と高々に宣言したくなる組み合わせを持ったイタリアングレイトエキサイティング歯ざわりスィートチョコといえると思います。

 

 

おおロシェよ!

マンマミーア!

 

まとめ

 

すでに実食の最後でまとめまくったような気がしますが、あえてここでさらにダメ押しをしたいと思います。

 

ロシェの歯触りは結構なレベルで最高の域に達しつつある

 

ということを。

達しつつある、という英語で言えば「is going」な現在進行形の文法になぜ変換したかというと、その味わいがまだまだ未知のものであるんじゃないか?という、個人的な期待値を込めた感想に到達したからです。

それはなぜかというと、まずもって、このヘーゼルナッツがそれ以外の食材にとってかわることが容易なナッツ派閥の一員に過ぎないことであり、ほかのナッツ類を小刻みに配置しても十分に歯触りと食感の良さは担保されるであろうという独断的推測のもとに成り立っております。

たとえば、ピーナッツ、アーモンド、ピスタチオ、クルミ、カシューナッツ、小豆、グリーンピースなどなど、和洋関わらず多くの豆類がヘーゼルの背後にひしめき、虎視眈々とその地位をつけ狙っていることが容易に想像でき、そこから類推できることといえば、ロシェは必ずしもヘーゼルナッツを永遠の同盟者として必要不可欠な存在であるとしてみなしていないのではないか?という疑念と思惑をそのカシャカシャなライト食感から十二分に感じてしまったという他ならない事実を突きつけられたからであり、そしてここからさらに憶測できることはといえば、そのヘーゼル的な存在意義はすでに自然主義的誤謬の概念を突き抜け、さらにそこから内在秩序と外材秩序の壁を取り去ってヘーゼル・カントという・・・

 

すいません

 

掘り下げすぎました

 

つまり美味しかったよ!パリパリ!ということが言いたかった、それだけです。

食感とにかく最高です。

コーヒーとかなり相性が良いです。

小粒のナッツの小気味良い口当たりパンチ力と絶妙なミルクチョコの甘さを、ぜひとも皆様に味わい頂ければと思いますロシェ―ル。