チョコレートとコーヒーを美味しく頂くブログ

チョコレートやスイーツ、コーヒーやお茶の実食・実飲レビューです

スポンサーリンク

【珈琲きゃろっと】コクの深さとさっぱり風味がチョコレートと合う!お試しコーヒーセット購入レビュー!

スポンサーリンク

チョコレートに合うコーヒーシリーズです。

チョコを美味しく食べるための飲み物の一つとして、多くのチョコマニアに愛され続けているブラックリキッド。

その魅力はもはや単なるカフェインを越えた別の何かの「世界観」を含んでいて、それを飲んでいる私たちに投げかけてくるような気がしてなりません。

個人的にはチョコレートとコーヒーは長年にわたり、私の「快便アイテム」として、その主役の座を守り続けています。

美味しいコーヒーと美味しいチョコを食べれば、体の隅々までリラックスするのですよ!

そんな私も実はそれほどコーヒーの銘柄とかブランドにこだわりがなく、とりあえず「熱くて」「香りよく」「迸る苦み」を感じられればOK!という、前述した勢いとは裏腹のアバウトなコーヒー観でこれまでのチョコ&コーヒー人生を驀進してきたのでした。

そんな適当過ぎるコーヒーライフに終止符を打つべく!

今回は少し真剣にネット通販のはしごをしてみたわけです(その程度のはしごサーチか!)

 そして約一時間後にみつけたショップがこちら。

北海道の自家焙煎珈琲専門店「きゃろっと」です。

コーヒー専門店にしてはシンプルなデザインに目を引かれました。

きっと薄い内容の宣伝文句が並んでいるに違いない。

それまでに散見した他サイトのイメ―ジのままに読み進めました。

しかしその内容はあまりにも・・・

 

こだわりすぎ

 

でした。 

想像をはるかに超えた「こだわり感」です。

まずトップの文言「人生を明るく照らしてくれた」というユーザー投稿から始まり、その後にショップのご主人である内倉大輔さんの栄光のコーヒーマスターの称号の数々(グランプリを多数受賞)、そして何よりもその長すぎる説明に目頭が熱くなりました。

何が長いかというと、コーヒーの豆の選び方から焙煎の方法、さらにユーザーからのコーヒーに関する質問への回答の数々・・

 

TOP画面に詰め込み過ぎやろ!!

 

という心の声を無視するかのような熱いキングオブミスター焙煎のコーヒー愛に根負けです。

そう。

思わず注文してしまったのです。

それだけ美味しいのなら、実際に私の舌で確かめてやろうじゃないかと。

待ってろよ、ミスター内倉!

その栄光のコーヒーメイキングヒストリーに挑んでやろうじゃありませんか!

 

珈琲きゃろっと到着そして外観レビュー

 

ネット注文して到着した箱を開けると、そこには・・・

 

 

 

注文書やパンフとともに、コーヒー袋が二つ入っていました。

 

 

中でもコーヒー色のパンフはきちんとバインダーでまとめられていて、かなりコーヒーのことについて詳しいうんちく情報が掲載されています。

 

 

もうすでにこの時点でショップオーナーのコーヒーへの愛がむき出しで伝わってきています。

 

 

そしていよいよ本体のコーヒー。

二つありますが、まずは一つ目の「コスタリカ・ハルディン・デ・アロマス」です。

 

 

中米コスタリカのコーヒー豆をローストした中煎りタイプ。

 

 

開封したとたんに感じたのが「華やかさ」。

どちらかというと「軽め」で、酸味が強そうな雰囲気がします。 

同封のパンフでは

明るい酸味が特徴で、ライムやグレープフルーツのようなキャラクター。クリーミーでミルクチョコレートのような甘さ。アフターにはピーナッツのようなキャラクターを感じ、複雑なフレーバー

と説明されています。

とにかく明るい味なんだなということが分かりました。

次に!

「グァテマラ・プラン・デル・アヤボ農園(中深煎り)」タイプ。

 

 

開封時の香りは、酸味は軽めで、落ち着いたフレーバー。

深みがあってコクも強そうな印象です。

 

 

同封パンフによれば、

きゃろっとで最もリピートが多いコーヒー。酸味・苦み・甘みのバランスが秀逸。柔らかな口当たり。フルーティーな酸味と赤ワインのようなボディ感、柔らかな口当たりと心地よい甘み

と書かれていました。

少し自分の感じた印象と違うな?と思いながらも、まだまだ香りだけなので実態の究明はこれからです。

では次に実飲といきましょうか。

 

珈琲きゃろっと【お試しセット】実飲スタート!

 

コスタリカ・ハルディン・デ・アロマスの場合

 

まずはコスタリカからいってみましょう。

 

 

家にコーヒーメーカーがないので、即席コーヒードリッパーを使用します(ここがアバウティーなコーヒー好きの限界です)

 

 

待つこと3分、絞り出すように滴り落ちたコーヒーの出きった姿です。

 

 

色合いは少し明るめですね。

香りも「華やかさ」が強いです。

 

 

味わいは酸味がやや強めですが、口当たりは軽い。

さっぱりしていて、ほんのりビターな後味が口の中に残る感じですね。

飲みやすく、少し甘めのチョコと合いそうな気がします。

 

グァテマラ・プラン・デル・アヤボ農園の場合

 

では次にグアテマラを。

 

 

これもコスタリカと同様に、即席ドリッパーで3分ほど滴り落ちるのを待ちます。

 

 

出切りました。

 

 

色合いは、粉のときと同じように少し濃いめですね。

香りも深みがあるのは同じでしょうか。

 

 

味わいですが、 まず先に「苦味」が先立ちます。

次にくるのが、ほのかな酸味。

薄いので、かなりさっぱりした風味です。

香り同様にコクはありますが、後味はすっきりで、かなり柔らかい口当たりだと思いますね。

軽めの風味なので、カカオマスが強めのチョコに合いそうです。

 

 

 

まとめ

 

以上が「珈琲きゃろっと:お試しセット」の実飲レビューです。

どちらも口当たりはさっぱりしていて、後味にくどさや苦みが残ることなく、かなり飲みやすいコーヒーだなという印象を受けました。

特に気に入ったのは、後者のグアテマラのタイプで、その深みとコクの味わいとは裏腹の、さっぱり爽やかな風味が口に良く合いました。

さすがはリピート率ナンバーワンのコーヒーだけありますね。

量もけっこうあって、これを一人で飲むのなら、一月は余裕で持ちそうな勢い。(家族は飲まないので)

この量の味わい、そしてサイトと同様に「熱すぎる」パンフ類の読み応え感で、送料無料の総計2,462円(代引き料金324円を含む)ときたら、かなりお得なのでは?

 

 

 

チョコとの食べ合わせ・飲み合わせも非常によく、後で実食したときには、上記レビューで感じた印象そのままの味わいでした。

なので、これはまた別のコーヒーを購入してみようかなと思っています。

興味を持たれた方は、コーヒーの量と味わい、付録のコーヒー愛あふれたパンフがかなり良い感じなので(情報量も多い)、お試しセットがおすすめですよ。