チョコレートとコーヒーを美味しく頂くブログ

チョコレートやスイーツ、コーヒーやお茶の実食・実飲レビューです

スポンサーリンク

ロクメイコーヒー実飲レビュー!コク深い味わいを舌と感覚で確かめてみた!

スポンサーリンク

ネット通販で人気があるという噂を聞き、美味しいコーヒーに最近やたらと凝っているミーハーな私が早速購入させていただいた「ロクメイコーヒー」。

お店の評判やプロフィール、コーヒーの見た目や味わいをじっくりレビューしてみました。

よければ参考にご覧くださいませ。

 

ロクメイコーヒーについて

 

奈良県にある「コーヒービーンズ ロココ」というコーヒーショップが母体の通販ショップです。

ショップはお父上の代から続く老舗店で(創業40年!)、息子さんの井田浩司さんが跡をつぎ、現在はショップと通販サイトの経営をされているようです。

 

ロクメイコーヒー公式サイトより 

 

そんな井田さんの作るコーヒーの味わいはかなり上質のようで、2016年に行われたJCRC(ジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップ)では全国3位入賞をされている焙煎の腕前の持ち主だとか。

www.scaj.org

人気のある珈琲ショップの要素の一つに「焙煎技術」が挙げられますが、コーヒーはまさに焙煎で味が決まるほど大切な製造過程。

カカオ豆をどれだけ丁寧に、しかし大胆に焙煎できるかで、味わいの多くが決まってしまいますから、ここがコーヒー焙煎士としての腕の見せ所でしょう。

そんな井田さんの作るコーヒーが直接飲める直営店は、近鉄奈良駅を降りてすぐの場所にあるようなので、奈良を訪れた際にはぜひとも立ち寄ってみたいものです。

以下、公式サイトより抜粋してまとめてみたので、参考までに。

 

・落ち着いた雰囲気の中で美味しいコーヒーとカフェメニューが楽しめるカフェ

・コーヒーは厳選された高品質なスペシャルティコーヒーを自家焙煎

・注文を頂いてから豆を挽いて淹れるので、挽きたて淹れたての香り高いコーヒーを楽しめる
・カフェメニューは地産地消・オーガニックにこだわり、食材を厳選

・奈良県産を中心に国産の有機野菜を使用

・ワッフル生地からソース、マヨネーズ、ドレッシングまで手作りすることで、素材を大切にして提供している

 

【coffee beans ROCOCO】

OPEN / 8:00

CLOSE / 20:00(L.O / 19:30)
※(火)はCLOSE / 18:00(L.O / 17:30)
※全席禁煙
※テラス席のみペットOK
※不定休(休業はTOPページNEWS欄にて告知します)

〒630-8225
奈良県奈良市西御門町31 吉村ビル1F

TEL&FAX : 0742-23-4075

近鉄奈良駅より徒歩30秒

小西さくら通り商店街内(スーパーPAKET前)

ロクメイコーヒー

 

 そんなロクメイコーヒーの味わいをネット上の評判でみてみると、

 

・甘酸っぱい

・フルーティー

・コク深い

 

という3つに集約されるようです。(あくまで私の感覚ですが)

いわば酸味が強めの味わい、というところでしょうか?

酸味もコクも大好物なので、コーヒーパンチドランカーである私にはまったく称賛の言葉にしか見えませぬ。

ということで!

早速、購入したロクメイコーヒーの味わいをご覧にいれようではないですか!

 

ロクメイコーヒーの通販お試しセットを購入レビュー!

 

今回購入したのは、通販限定お試しセット。

 初めての購入の方限定で、通常商品よりも34%安くなって「100g×4種:2,160円」

 7日間以内だと、全額返金保証がついているという自信満々ぶりが気に入りましたね。

(しかも開封後でも構わないということだとか!)

それだけ自社の珈琲に絶大な信頼を置いているということか・・ふふふ、とばかりに、なぜか不敵な笑いを顔面一杯にヒクつかせながら、買わせて頂きましたとも。ええ。

 

ロクメイコーヒー、我が家に到着

 

到着の儀!

 

開封の儀!

 

芳しいコーヒーの香りが部屋いっぱいに広がった至福の瞬間。

これが夢にまで見たロクメイのこーひーというものか!!

 

 

パンフレッツも充実しております。

しかし今はコーヒーですよ、とりあえずは。

 

 

4種のコーヒー神器。

袋も特別仕様です。

 

 

ではいよいよ!

実飲レビューといきましょうか!

 

ロクメイコーヒー実飲レビュー、スタート!

 

4種類のコーヒーは「コスタリカ」「ロクメイブレンド」「インドネシア」「エチオピア」となっています。

それぞれの味わいを個々にレビューしてみましょう。

 

コスタリカ

 

開封後の香りは「酸味強め」です。

同封のパンフレットの説明によると、

 

・スペシャルコーヒーの一大産地であるタラスエリア産

・標高1800メートルの高地から出る湧水で果肉を除去した後、発酵過程を置かずに乾燥処理した至極のコーヒー豆を使用

・蜂蜜や完熟ミカンのような甘さが特徴

 

となってます。

果たして私の口にはどのように映るのでしょうか?

 

 

 

意外にさっぱりしています。

苦味もほのかにある程度で、それほど気になりません。

酸味は少ないですかね。

わずかに甘味を感じる美味しさがありました。

癖がなくて飲みやすいですね!

 

 

 

ロクメイブレンド

 

開封後の香りは少しビターな感じがしますね。

パンフの説明では、

 

・グアテマラ、ブラジル、ケニアのコーヒー豆を使用

・甘み、酸味、苦さのバランスを組み合わせた

・バランスのとれた飲みやすさが特徴

 

となってます。

その実態は如何に?

 

 

 

やはりこちらも少し苦めです。

酸味とコクもありますね。

後味に「濃さ」がふんわり残る感じです。

アイスでも、ホットでも使い分けられそうな応用性を感じました。

口当たりはさっぱりなので、暑い夏に飲むと、気分がしゃっきりしそうですね!

 

 

インドネシア

 

開封後の香りは「酸味が強め」で「コクもありそう」な感じです。

パンフによると、

 

・スマトラアラビカの専業老舗より仕入れた厳選良質豆を使用

・最高の品質を保持するために海上輸送はリーファコンテナを利用

・品の良い苦みと最上級のコクが特徴

 

となっております。

では実際の味をば!

 

 

 

かなりビターな味わいです。

酸味も強めでしょうか?

コクよりも苦味が強い印象です。

大人のコーヒーという言葉がしっくりきます。

チョコレートやスイーツに相性が良さそうな風味ですね!

 

 

エチオピア

 

開封後の香りは「フルーティーで酸味のある香り」。

香りに関しては、一般ユーザーの評判に最も近い印象です。

パンフでは、

 

・コーヒーチェリーをそのまま乾燥して脱穀する製法を採用した「グジコーヒー」を使用

・現地業者による厳選された原料を買い付け、ハンドピックで欠点豆を除去

・エチオピア最上級規格「グレード1」認定

・フルーツのような酸味と甘さが特徴

 

となっていますね。

では実飲をば!

 

 

コクがあって美味しいです。

ほんのりビターで、鼻に抜けるフルーティーな風味が良いですね。

酸味と苦味がほどよくブレンドされて、ちょうどワインを飲んでるような味わいですよ。

パンフ通りのグレードの良さとは、このことを指すのでしょうか?

4種の中で一番美味しいですね!

 

 

まとめ

 

お試しコーヒーを実際に飲んでみましたが、感想の通り、「エチオピア」が最も美味しいと感じましたね。

コクがあって、華やかな風味で、飲んでいてパアッと明るい”何か”が脳内一杯に広がる感覚を受けましたよ。(あくまでコーヒーの感想です)

評判の味わいに最も近かったのが、フルーティーで酸味の強い味わいの「インドネシア」

口当たりがさっぱりしていて、コーヒーが苦手な人にも飲める癖のない味わいが「コスタリカ」、少しコクがあるけど、季節に関係なくオールシーズンで飲めそうなのが「ロクメイブレンド」という感じではないでしょうか?

どれも香りがすごく良く、匂っているだけでも癒されるような「アロマ効果」を感じてしまいました。

さすがは焙煎競技「全国3位」の腕前を持つマスター井田さんが作るコーヒーですよ!

 

マスター井田

ロクメイコーヒー

 

カカオの焙煎一つで味が変わる技は、少し前に書いたショコラティエのマスター三枝俊介氏に通じるものがありますね。

どちらも溢れんばかりのカカオ豆への愛を感じます。

そんな焙煎愛に溢れる井田さんのコーヒーを味わいたい方は、ロクメイコーヒーの公式サイトをチェックですぞ^^